読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

分かってるなぁ

昨日は、イベント出展用の備品を準備するときに、たまたま職場の上司にその事を話した。


水道橋で開催するんですよ。と話したんだけど、何度も「で、何処でやるの?」と訊き返されてしまう。
水道橋ですよ。と3回くらい言った後に「ああ、そうか。何処でやるの?は会場である建物のことを尋ねてるんだな。」と分かった。

相手の「何処で」を、自分の思い込みの「ここで」に替えちゃってたのだ。

この場合は、単に言葉の意味のとらえ違いとして終わったけれど、こーゆーのって普段の生活には結構あるんじゃないか?と思った。

冗談で傷付けてしまったり、誠実に打ち明けた事が案外スルーされてしまったり、相手と自分とが行う「聴くこと」とか「理解すること」とか「自分の考えてること」だとかが、ほんの数秒間の間にやり取りされてる。

「自分の考えてること」が優位に立つと、相手の言葉や意味に気付けない。
だからと言って自分の考えてることも必要だよな。(なんでも聴いてるだけではお互いにつまらないよな)
む、難しいー。

そうかと思えばさ、何にもしてないのに分かり合える時もある。
とらえ違いがあることで、わざと噛み合わない感じが、その後の面白さに繋がり盛り上がったりもする。

こんな感じの事を考えながら、明日のイベントでは、相手に伝えるのと聴くこと理解することをするんだな。と思った。

上司との会話の後に、職場の同僚と途中まで一緒に帰った。
チラシのデザインを見せたら爆笑してた。

f:id:yuugataJoxaren:20160604194028p:image
「なんか物凄そうな技や動きをするように見えるけど、実際は何してるのか分かんないくらい普通なのにね。」

さすが我が友よ。分かってるなぁ。