ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

痛面白いのと賢者イメージ

今晩は木村先生の遠隔レッスンを受けた。4段目の陰の呼吸法に入った。
前準備の練習を数週間前から始めていたから、大まかなやり方は出来た。
でも未熟ゆえ、腹筋をかなり使ってしまい連続して何分間もやってると、痛すぎて笑いが止まらない。
「あはははははははははーっ⁉︎イタい!痛いぞーーっ‼︎あははは!」痛くて笑いが込み上げる。面白いが、はたから見たら変な人である。
通勤電車の中での練習、笑いを我慢出来るかなぁ…

先週のレッスンで教わった「微細身瞑想の状態」について、数回やってみて感じた事を先生に伝えた。
自分のやってみた状態と先生のおっしゃる状態とが同じようだったので、勘違いとか勝手な思い込みとかの「他の違う状態」ではないようだ。よーし。
ココでは具体的には話さないが、もっと練習したくなるような感覚だし、日常生活でかなり使える!って状態だ。
今までの瞑想が「横の瞑想」なら微細身瞑想は「縦の瞑想」って感じかなぁ。

大雑把な言葉でその状態を言うとしたら「賢いゆえの落ち着き」を存分にまとって「後ろに手を組んで静かに歩いてる」って感じかなぁ。
賢者イメージだ。賢者。

思ったのは、コレは微妙な領域の感覚をかなり使うから「理屈を丸暗記だけするタイプ」とか「雑な体感とパワーだけで満足してるタイプ」とか「疑いや否定で打ち消すタイプ」だとかは覚えてくの大変そうだなぁ。
最終的には出来るようになるんだろうけどな。

しっかり練習していかないとな。
4段目、自分はこれからどんな事が出来るんだろう。楽しみだ。