読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

ヨーグルトそして子ガモ

・最近は、夜中にお腹がムズムズそわそわして目が覚める事がある。
2番チャクラのある位置の、身体の中心部に、なんと表現すればいいのか難しいんだけど手をグーにしたくらいの大きさの塊を感じる。小さなハムスターを2匹くらい丸めてお腹で飼ってるみたいにフヨフヨした塊。(←赤ちゃんジュウシマツ2羽でも可)

ムズムズして、暑くなってくるので、腹でも壊したか?と思ってたけど、なんか違う。

目が覚めて、暑いなー。とゴロゴロしてると次に4番チャクラに塊はあがってくる。
目が覚めて、暑いなー、眠いなー。と思ってるから、退陰符で何回も降ろしてるとそのうち塊が気にならなくなり、いつの間にか眠ってしまう。だいたい15分くらいはこんな感じになってると思う。

そーゆー翌朝は、4番チャクラの位置が、ムズムズそわそわして、6番チャクラに氣の流出を感じる。
コレなーんだろうなー?と考えるけど、今の所、氣の塊としか分からない。
もう少し観察してれば分かるかなぁ。


・氣の塊とゆーのは、自分の氣の粘度が上がってきたからそーゆー体感があるんじゃないかね。と考えてた。

氣の粘度が上がってきたのは、遠隔レッスンで呼吸法の練習をするときに、木村先生から陽神(ようじん)を飛ばして貰っており、「練りの効いた上質な氣」を移植して貰ってるからだ。

同時に自分でも呼吸法をして氣を発電するから、移植される氣と混ざり合い徐々に自分の体内で増幅する。
増えるんだから、気脈も徐々に太く丈夫なものになっていく。
太く丈夫なんだから、呼吸で1度に取り込める氣の量も増えてく。
量が増えるんだから、氣の情報もより多く得れるし、相手に分け与える事もできる。
氣の内圧を常にかけ続け、退陰符で降ろす。使ったら最後は片付ける。
サラサラしていた氣は圧と降ろしと循環とで日々練り上がっていく。

木村先生から貰ってる「練りの効いた上質な氣」「移植」とゆーのは、大雑把に喩えるならばヨーグルトの元種だな。
ヨーグルトを作る時に、元種のヨーグルトを牛乳にスプーン一杯くらい混ぜる。元種の乳酸菌が牛乳を発酵させてヨーグルトになる。

鰻の蒲焼きのタレもさ、継ぎ足しながら使う。おでんの汁とかも、お店によっては継ぎ足しながら使うよな。

ぬか漬けの糠床もさ、減ったら糠を足して継いでくし、自家製酵母で作るパンも元種を継いで使うやり方もある。
コンブチャ(紅茶キノコ)とかもある。

自分の体だって、親とか祖父母とかご先祖からの継いできたモノだよな。
元種があって、自分の人生と混ざり合って増幅する。
木村先生の氣も、先生のお師匠さまがたの氣も、さらにその方々のお師匠さまがたの氣、ずーっと継いできた「氣」だよな。
あ、「継ぎ足していく」って、少し分かってきた。

木村先生は親ガモ。
分け与えられた人達は、子ガモ。
子ガモは同じ氣を継いだ同士だから、お互いが分かりやすいってのも感覚で分かってきたぞ。