ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

出番の前には氣を上げる

今日は仕事を有休とって、実家へ行く予定だ。

自分の実家の家族たちは、今の生活が崩壊しかけてて、グラグラしてる。
気持ちに余裕もないし、目の前に次から次へ起きる事に感情も体力も翻弄されている。
社会的なサポートを利用する方向で行動してるけれど、なかなか思うように進まないから、気力もバンバン減ってく。

最初に自分へ相談してきた頃は、一般的な「道徳や思いやり、善かれと思ってるからこうする」みたいなことを言ってきた。綺麗事ばかりだった。

でも、自分はトンレンで彼等の気持ちの奥を見て感じれていたから、「本当の気持ちに向き合わないで、誤魔化してるから時間がかかるだろうなぁ。」と分かっていた。

自分がいくらアドバイスをしても、無理して我慢するほうを選択してばかりだったから、ストレスも事態も悪くなるばかりだった。
自分は、要所毎に、手を貸してたけど、ある時点からはそれを止めて観察した。
どんどん事態は悪くなる。でも我慢。手は貸さない。
本人達が、心底「コレは自分達で何とかしないとヤバい!本音で行かないと無理だわ!」って重い腰を上げて本気で思うまでずっと待った。

やっと、自分と同じ本気の位置まで揃った。だから、今度は自分がやる番になった。
自分の全精力と技術を持って挑むんだ。
その為の氣力と呼吸法だからな。
現地に到着するまで、呼吸法で上げて整えよう。

もう、2度とこんなことしたくない!ってくらい毎度しんどいんだけど、自分の役目は果たします。頑張るぞい‼︎