読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

も少し俯瞰するといい

昨晩は遠隔レッスンを受ける直前まで、その日に気付いてきたことを軽くまとめてみた。まとめてから、確認を兼ねて質問をした。

・陽の氣は呼吸法で発電しておく方がいい。常に満たしておくこと。但し、ボコボコに沸いてる沸騰にはしないこと。
波立ってない状態にしておくこと。
★波立つのを控えるために、発電自体を抑えてたんだけど、コレは体調的にもメンタル的にもよろしくなかったのが検証できた。呼吸法しとかんと自分はかなり乱れた。しんどかった。

・もちろん陽の氣を発電すると、うお〜!って勢い、やる気、引っ張ってかないとダメじゃんとかソワソワ、グイグイ動きたくなる。でもその感覚だけを消してく。
★呼吸法は静かにゆっくりしたものに変えること

・現在の自分の課題は、「ソワソワの、早く片付けたい気持ちの波を鎮めること」動→静へ移行、コントロールしてくこと。
その練習の為に現象、揺さぶり、ひっかけ問題が起きてくれる。
本来ならそれは楽に解決出来る内容。あっけなく片付けれる。
★間合い、タイミング、時が動くのを読む、見極める感じ。ここぞ!陽の氣使う!って一気に使うこと。
それまでは静でいい。省エネモードでいい。緩急をつけるってこんな感じ。
この辺を感覚で掴んできてて、意識してこれてるから、ちょっとスッキリした。

・4段目の、陽の氣に纏う陰の氣について再度教わる。「陽を冷やして陰の氣を形成」
★陽の氣の周りに他所から陰の氣を貼り付けて包んで同等にしていくのかと思ってた。
ンマーッ!違うんですってよ奥様‼︎凄〜くビックリした。そーかぁ。冷まして形成かぁ。夜も更けてるのに目が覚めたよ。

・4段目のかたの呼吸法、体感はほぼ同じだけど、質感はそれぞれの人達によって違う。ベースの個性、陰の氣よりなのか陽の氣よりなのかで異なる。
コレは興味深い。

・現象に対して自分の手詰まり感、やってるのに何でかなぁ?って感じになることがとても多い。でもコレは「効率のよい苦労」で、必要なもの。
★人によっては、「効率のよい苦労」、それ以前の単なる苦労もある。
それぞれのレベルに応じて複雑さは変化してく。

今回のレッスンでの質問の答えは、自分の得た感覚や体感と照らし合わせてるから、言葉だけの説明でも凄〜くよく解った。
3段目の終わり際って、面白い‼︎
自分と同じくらいの段階をなさってる生徒さんがた、どんな感じかなぁ。
「もう少し俯瞰すればもっと分かってくるよ!」って教わった。よーし、難しいけどそこがいいから頑張るぞ‼︎