ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

なんじゃろなぁがいっぱい

昨晩の遠隔レッスンで教わったことは、「もっと静かで揺らさない呼吸を意識する」ってこと。

現在の自分は気脈の太さや粘度もあり、氣力の発電量が多いので、自身で思ってる感覚よりずっと氣の圧が下がりづらくなってる。
他の人にトンレンをする時は、それ用にちゃんと退陰符なり氣の上げ下げなり、意識をフラットに促すことは出来る。
でも、自分の中を制御するって時には全然出来てないとか、物足りない感じがしてて、練習不足かやり方が間違ってるのか、なんじゃろなぁ。と思ってた。

静かで揺らさない呼吸法のやり方を練習する為に、ヒントやお手本を見つける必要がある。
動きそのものは、木村先生から教われる。
でも感覚として覚えてく為には、自分の場合身の回りにあるモノやコトや人から教わる。

他にも、「4番のPOSシステム」についてとか、「直感と発言の難しさ」だとかを質問した。

最近考えることは、殆どがなんじゃろなぁ。ってハッキリしないのばかりだから、質問して少し考えが整理できた。

本当はハッキリしないって事が、正解なのかなぁ。全体を知りたいならその部分も含めてなんだろうな。