ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

skypeトンレン:横浜〜兵庫県尼崎市その2

昨晩は、関西にお住いの氣塾の生徒さんである「kimnobuhana」さんとskypeトンレンをした。

前回の練習を終えてから、ご自身で色々と試したり練習をなさっておられて、その中でやってみたいことがあるので協力してもらえませんか?とお誘いを受けたのだ。わーい。何じゃろなぁ。

最初は「kimnobuhana」(以下Kさんで統一)さんがサボテンの沢山ある場所で感じた氣の話とか、旬の果物や野菜の発してる氣の話だとかをした。

柿はヤバいですよ!とか梅の樹は超カッコいいです!とか盛り上がり、後半に至ってはセミは凄い!みたいな方向に進んだw
なんかココだけ聴いてると、酔っ払い2人の会話みたいだけど、呑んでないからな。

その後もトンレンから分かってくる事の面白さとか、日常生活の中で遊べる氣の体感の話をした。

それからKさんが試したいと仰っていた事を始めた。
先ずKさんご自身が内丹法の呼吸法をするのでそれをトレースしてて下さい。と指示があった。
トレースをしてると、前回の練習でお勧めしたゆっくりめの呼吸法をなさってくれてるようで、以前よりしっかりと呼吸法が出来てるように感じた。

そーゆーのを感想で延べたあとに「2分くらい待ってて下さい!」と指示があった。
待ってる間は、自分で退陰符を静かにしてたんだけど、少しずつ身体がゾクゾクと冷えを感じ出した。特に二の腕とふくらはぎはざわついた。

Kさんから「じゃあまた呼吸法しますね〜!」と声が聞こえてトレースしてみると、内丹法の呼吸法を身体では取り敢えずやってるけど、意識が伴わない感じで練習なさってるのが分かった。
上っ面だけの練習って感じ。

それと、場の気配が明らかにさっきと違う。それに、Kさんご自身に何かが巻き付いてるとゆーか、覆われてる感じがある。自分とKさんとの間に「何か」が介入した感じ。アイテム的なものがある感じ。

それと胴体内から上昇してくる梅干しくらいの粒の氣の塊がポコポコと視神経の後ろ側を頭頂に向かって通過してくのだ。チカチカまばたきもせわしなく起きる。

良いとか悪いだとか、そーゆーことではないんだけど、面倒くさがり屋の自分からすると、その体感は「面倒くさい」とか「落ち着かない」ので、「Kさん何やってるのかなぁ〜w」と思った。

自分の体感などを述べると、Kさんは風呂に入って湯船であたたまってるんですよ!って教えて下さった。なんと。風呂か。

お風呂でゆっくりしてる所をトレースするとどんな感じなのかなぁ。と思っていたそうで、しかもお湯には清めのお塩とお酒が入ってて、熱めの45度です!とも教えて下さった。
コレで昆布とネギと豆腐を入れれば鍋である。

Kさんは面白い事を考えるなぁ〜!と思ってると、「それではこのまま風呂入るのを続行しますから!」との締めの言葉を頂いたので、「 身体洗うときにマスターヨーガの呼吸法すると、石鹸の香りが一瞬だけ変化するんだぜ!」的な事をお伝えしておいた。

頭部の氣の塊の感じは、御朱印のなかのひとつや、ある方の霊視なさる時の体感に似たものがあって興味深かった。
どうしてそーゆー体感になるのか?を今後もデータとって検証して行こうと思う。Kさん、ありがとうございました。