ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

skypeトンレン:横浜〜愛知県

氣塾の生徒さんで、愛知県にお住いの「あいちの忍び」さんとskypeトンレンをした。
彼女は現在、木村先生から古式マスターヨーガの1段目の6番チャクラをskypeの遠隔レッスンで行っている。
他の生徒さんとトンレンをした事が無いので興味を持っていらして、今回skypeトンレンに問い合わせて下さった。

自分とはお会いした事がないけれど、「どちらにも共通する(木村先生の)氣を受けてるから、繋がり易さはありますよ〜。」と先生がおっしゃっていたので試してみることになったのだ。

予定の時間になってskypeで繋いでご挨拶をしてから「あいちの忍び」さんにお住いの最寄り駅を伺ったら「おかざきしです。」と教えて下さった。
お、おかざき?もしやあの「オカザえもん」の岡崎ですかーーっ⁉︎って嬉しくなった。オカザえもんゆるキャラの中で一番好きなんだよな。
自分の住むところから岡崎駅まで、マップ検索すると290㎞だった。

「あいちの忍び」さんは、マクロビオティックをなさってた時期もあり、陰陽の話やベジ関係の話題でも盛り上がった。
初めて声を聴いた、お逢いした事のないかたでも、こうやって少しずつ相手がどんな感じなのか?を知っていくのは楽しいなぁ。

お互いにリラックスしてきたので、
先ずはトンレンについて簡単にやり方の説明をした。
それから2番チャクラを回す時の呼吸法をして貰いながら、自分が繋げていく。

「あいちの忍び」さんの氣はどんな感じかなぁ〜?って意識でワクワクしてると、遠隔の時につながる感覚になって、身体が勝手に古式マスターヨーガの呼吸法を始めた。
息の吸い方と、身体の姿勢と、お腹の使い方が、自分のやり方とは異なる体感だったのでコレは相手をトレース出来てる状態だな。と判った。

呼吸法自体は出来てるけれど、猫背気味に前かがみだったので、「今より少しだけ肩を後ろ気味に反らすとゆーか、胸を張るような姿勢でやってみて下さい。」と声をかけてみた。
姿勢を変えて貰ったら、氣の取り込みの体感がずっと良くなった。

「息を吐く時の2番チャクラの位置ですが、今より5センチくらい下を意識してやってみて下さい。」とまた声をかけてやって貰ったら、その方が力強く2番から氣が出せてる感じになった。よーし。いい感じだぞ。繋げれてるぞ。

繋げれてるのは判ったので、今度は自分が「あいちの忍び」さんに向かって氣を送って頭頂までパンパンに上げることをやってみた。頭頂の7番チャクラから勝手にスースーと抜けてっちゃう。こんなに抜け感があるのも久し振りだなぁ。
自分の体感と印象は「素直でフレッシュ‼︎」って感じ。コレは若さだw

ご自身は「体の中で脈を打つ感じがちょっと強くなったので、コレがそうなんですかね〜?」と教えて下さった。
わー、面白い体感じゃないですかー!

その後に退陰符で2番まで氣を降ろした。普段から呼吸法をしても氣の体感はほとんどないそうだが、各チャクラの練習期間に体調や感情の変化が起きて楽になった事を話して下さった。
そうやって話を伺ってると、自分に浮遊感のある、めまいのようにクラッとする状態になった。

「あいちの忍び」さんに、その事をお伝えすると、めまいは時々あって、今もなってるんです。との事だった。
6番を使われることが多いんだなぁ。と思った。
以前から頭部に氣が上がりやすいかったそうで、グラウンディングをすることを調べ、ご自身でコントロール出来るようになるために氣塾で学んでることを教えて下さった。
自分は日常で、2番や3番のチャクラをこんな場面で使うのがお勧めですよー!だとかを話した。
「面白そうですね。今度やってみます〜!」と言って下さった。

頭部に残る氣を頭頂開調息で排出して、呼吸法によるトンレンは終了した。
その後も、ご自身が興味を持っておられる徳川家康とか服部半蔵とか名古屋城での戦国武将たちのおもてなしの話だとかを楽しく教えて下さった。
「あいちの忍び」さんは面白い!とても素敵だなぁ〜。

今回、自分がやってみたかったことは
・お逢いした事がない「あいちの忍び」さんはどんな感じのかたか?を知ること。キャラをどんどん組み立てていくこと。

・トンレンでの基本パターンをする。
相手と自分はどんな感じか?を知る。

の2つだ。呼吸法をする時の身体の使い方と、めまいなどの体調や氣の質、コレらは時間の経過につれお逢いした事のない生徒さんでも分かってくるんだな。ってのが実感できた。
氣の循環と受け入れがあるなら、回数を重ねていけばもっと面白い発見があるかもしれない。

予定の時間を大幅に上回る2時間ちょっとのskypeトンレンでした。
終わり際に、ブログを書く時の呼び方をお伺いした所、「あいち」「忍び」とかそんな感じでー!とのことでしたので「あいちの忍び」さんと呼ばせていただきました。とても勉強になりました。ありがとうございました。