ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

陰の氣に向かう

東京駅八重洲で開催する東京氣塾に行ってきた。
今回は大阪氣塾の師範格お二人がいらして下さった。

お二人がそれぞれ前で話をして下さってから、木村先生の講義を受けた。
休憩をはさんでからペアで5分ずつ持ち時間を使ってトンレンの練習をした。

終了の20分前くらいに、木村先生の誘導する瞑想を全体で受けた。

今回のトンレンや誘導瞑想は、皆さんが色々と体感を得たり感想を述べたりなさってたんだけど、自分はどうも体調がよくないらしく感覚や意識も含めて全然ダメだった。
トンレンもアウトライン述べたりもっと外側くらいしか分からなかったし、掘り下げることも出来なかった。

瞑想では意識レベルを下げられる体感や途中ごとに変化を感じてはいたけれど、深く入っていけなかった。

氣塾が終了してからは、会場近くの居酒屋さんで皆さんと晩御飯を食べた。
自分は梅酒と梅茶漬けを食べました。

大阪氣塾のお二人と色んな話を聞いたりする事が出来て、自分の仕事とHさんの以前なさっていた仕事とが関連する内容だったので「品質管理の仕事あるある」で盛り上がった。(ロットアウトとか。その言葉聞くだけでキツイわ〜とか。)

今日の自分は中身がとてもクールで、実際楽しいし、勉強になる事をたくさん受けてるのに感情が上がらない。
いや、今日とゆーより最近はずっとこんな感じだよな。それが嫌な訳ではないから、もしかしたらコレが3段めの7番になるとやってくる陰の氣に向かう変化なのかも。
こーゆー感じで訪れるとは思ってなかった。でも最近の人間関係とか現象に対してはコレくらいの方がいいか。
氣はうまいこと出来てるなぁ。