ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

ウマちゃん

自分の場合は呼吸法を練習していると、ココにメインの脈管(ウマ)があるんだな。って分かる。

習い始めの頃の体感イメージとしては、おしぼりのタオルとか、ふ菓子とか、うまい棒とか、そんな感じの筒状のものが背骨の手前、身体の中心を頭頂に向かって1本ある感じがしていた。
 
ウマちゃん達は、練習を重ねるごとに成長してくる。
習い始めの頃の氣塾の生徒さんと、トンレンをしてると、お会いする度にウマちゃんがしっかりして来るのが判るんだよな。
 
続けて長めに練習していると、氣の発電も活発になるから、おしぼり状態の筒状のウマちゃんがゴンゴン廻ってる様な遠心力の様な感じを受ける。
コレが右脈管(キャンマ)と左脈管(ロマ)なんだなってのは、もっと後になってから気づいた事だった。
 
普段の練習では、ほとんど脈管の事は意識しない。
全体的な氣の内圧と、チャクラの位置と、自分の意識レベルはこれ位だなぁ〜。ってざっくり思ってるだけだ。
 
さっきまで、呼吸法の練習をしてたんだけど、その時にウマちゃん達とキャンマとロマを意識しだした。自然とそうしたくなったのだ。
ココでは詳しく述べれないけれど、今後の練習と生活をするうえで必要な事だって直感で判った。少なくとも自分には絶対に必要だ。
陰の氣と陽の氣の発電、脈管、意識レベル、どれも全部使う。
 
例えると、クッキークラスト生地、アーモンドクリーム、カスタードクリーム、それぞれを美味しく作れるようになってから、組み立てて、フルーツを加えて美味しいタルトが出来上がるような感じ。
 
今日の練習を始める前までの出来事が、全部これからの自分のツールとして使っていいだなんて、うおー、なんだかとても楽しみで嬉しくなったよ‼︎