ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

最近の朝練はこんな感じ

今朝の通勤電車の中でやった練習は、内丹法の呼吸法で2番〜7番まで順番に氣の内圧を上げていってから退陰符で2番まで降ろす。それから内観。って感じでやった。

2番を行う時間は、他のより丁寧に時間は長めにかける。ココは氣の発電だからな。

4番に上げていく時は、自分の考えてる想いとか、気持ちに向き合いながら呼吸法をする。なにかしら考えてはいるんだけれど、たいていの場合は「どうすれば〇〇はよくなるのか?」って内容が多い。

4番で開いた想いは、5番に強く持ち上がる場合もあるけれど、この頃は7番に直接連動してる感じがある。

退陰符で降ろす時は、「氣の内圧を下げる」って意味と、「意識レベルを降ろす」って意味とがある。
後者はボーッとした寝落ちする手前くらいの感じに近づくってことだから、思考が湧いてもそのままスルーしだす。

次に、瞑想状態へ移行していってから「これから1か月くらいの間、自分はどんな状態かなぁ?」と4番の奥に意識を向ける。
観察はするけれど、勝手な思い込みが湧かないようにするのが大切。どんな感じか?って問うてるんだから、答えをねつ造したってなんの意味もないよな。

飛躍するような大きな変化はないけれど、コツコツと幾つかの課題を進めていく。今はそれが最も大切なこと。
種に水を含ませて、発芽しやすい状態になる為の期間。

泣いてるわけでも、困ってるわけでもない。かと言って、バカ笑いしてるんでもない。淡々と進めてくんだな。
それ、いいねぇ。今の自分にはぴったりだ。

ココまでわかると、あとは自動的に意識レベルは戻っていく。
「はい、終了〜!」って身体が呼吸法をして戻そうとしてくれる。

瞑想の練習を何度も繰り返しやってきたけれど、初めての頃に比べて、ここ半年くらいのは質が高くなってきてると実感してる。