ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

ファラフェル→大福

東京氣塾の生徒さんのMさんと、六本木にある出雲大社東京分祀に行ってきた。
先日、Mさんが御朱印帳を持ってきてくださって↓

自分がトンレンをした時に、その中で最も心地よく気に入ったのが、出雲大社東京分祀の御朱印だったから、「じゃあ実際に行ってみましょう!」とMさんがお誘い下さったのだ。

その前に昼ご飯を食べることになったので、恵比寿にあるイスラエル料理のタイームさんへ向かった。こちらは何度か行った事があって内装も素敵で大好きなお店だ。
今回はファラフェルのセットにした。
ファラフェルピタサンドなど何種類かテイクアウトも出来ます。
他にもビーガン用にセイタン(小麦グルテンのタンパク質)を使ったメニューもありました。今度行ったら試してみようかな。
f:id:yuugataJoxaren:20151229195630j:image

タイームさんのファラフェル(ひよこ豆を使った揚げもの)は味がしっかりめで実に旨い。いつも行くと必ず食べる。そしてフムス(ひよこ豆のペースト)も旨い。野菜スープも旨い。
フライドポテトもサラダもフレッシュで旨い。つまりどれも旨くて自分好みなのだ。
Mさんは、最近ファラフェルの美味しさに目覚めて時々食べるそうだ。
以前からこちらのお店にも行ってみたかったそうなのでご一緒出来て嬉しかった。

食べながら、自分が最近気になってるワードをMさんと話した。
守破離(しゅはり)」とゆー、道を極める中で必要な、自己の振る舞いを文字に表したもので、茶道や和の道を学んでいらっしゃるMさんに伺ってみたかったのだ。
「基本を忘れずに、先達にリスペクトがないと結局は自滅する。道を進む際の自然な工程である。」ってことが自分の考えと一致してたので面白かった。
こんな話をしたかと思えば、大掃除の話や、昔住んでいた家に毎日現れたアシダカ軍曹の話で盛り上がるのもまたMさんとの醍醐味でもある。

昼ご飯を食べ終えてからは、この辺に来た時は寄ってみよう。と以前から思っていた和菓子屋さんの果匠 正庵さんへ行くために広尾に向かった。
こちらのお店の「あんず大福」が食べてみたかったのだ。杏は好物だ。

f:id:yuugataJoxaren:20151229205722j:image
粒あんと杏を餅で包んである。
餅と豆とフルーツってところがアジアっぽい。杏子の香りがとてもいい。
コレ、美味しいなぁ。

和菓子を買い終えてからは、広尾にある色んなお店や公園を見てまわってから、今回の目的地である出雲大社東京分祀へ向かう。さあ六本木ですよ!
続きます。