ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

skypeトンレン横浜〜神戸その2

大阪氣塾の生徒さんで、神戸にお住いの水晶Kさんとskypeトンレンをした。
約束の時間の少し前に、「水晶Kさんはどんな感じかなぁ〜?」って意識をゆるゆると送ってみた。

なーんか、丁寧にニコニコなさってて、受け入れ体制が整ってます!って感じ。
時間になって、skypeを繋いでから先日のお礼や大阪トンレン部のお話を伺った。それぞれ東京と大阪(開催地は神戸)ではトンレンの練習の進め方が違うので「そーゆーやり方もあるんだなぁ。」と参考になる。

水晶Kさんは、もともと感覚が鋭いお方で、氣塾で学ぶ以前から色んな経験をなさっておられる。
感覚についての知識と経験が豊富だから、自分にはとても興味深い内容を話して下さる。そして、現在は2段目の4番を強化中である。
その熱心な姿勢に自分は頭が下がりっぱなしだ。

前回の遠隔トンレンでは、2人とも初めてのことだったから、気合い入って実験したけれど、今回は「なるべくラフな感じでやってみる。」って決めててその事をお伝えすると、水晶Kさんも同じような事を考えていらした。

自分が試したかったことは

・リラックスした状態で繋げれるかどうか?前回との違いはあるか?

・水晶Kさんが進陽火、退陰符の呼吸法をなさって、そのトレースを自分ができるかどうか?

仙骨にビバを打ってみる。何か体感はあるかどうか?

・氣の情報の読み取り練習をする

まず、ラフな状態で「じゃあ始めまーす。宜しくお願いしまーす。」と合図してからトンレンで呼吸法をするみたいに軽〜くやってみた。
軽〜くやってても、頭頂と脚にはザワザワと氣の体感が起きてきて意識もフラットより少し低い位置に降りた。
あ、繋がったなぁ。と分かる。さすがに遠隔トンレンも4回目ともなると、「繋がった感覚はコレだな。」ってのが分かってくるねぇ。

次は、水晶Kさんご自身が頭頂まで氣で一杯になるまで呼吸法をして貰った。
最初のひと呼吸が始まると直ぐに、自分も勝手に呼吸法をした。えーと、つまり、身体が勝手に呼吸法を始めるのだ。

コレは水晶Kさんが呼吸法をなさってるやり方が、自分の身体にそっくり再現される。どれくらい息を吸ってて、どのタイミングで息を吐いてるのか?もよーく分かる。
任脈側をよく使われるんだなぁと分かったので、途中で「督脈側の部位も意識してみてください。」とお伝えしてからやって貰った。すると、自分の身体の督脈側の部位も、ギューって引き締まるから、水晶Kさんが、そのやり方を試して下さってるのも分かった。

退陰符をして頂いてるあいだも、水晶Kさんの氣の下げ方はこんな感じなんだなぁ〜。と自分の身体を通して分かった。
自分のいつものやり方と比べると下げるスピードが速い。サッと降りてパッと終わらす。って感じ。
「仕事中に退陰符をする時に、下げた後は直ぐ他の作業をしますから、早くなります。」と教えて下さった。なるほど、だからサッと降りてパッと終わるのかぁ。

「他の生徒さんになさってたみたいに、ビバをやって下さい!」と水晶Kさんがホクホクでおっしゃるので、おぉ〜、さすが2段目。ノリノリですなぁ(^^)と自分まで楽しくなってきた。
でも、ビバかぁ。なんか感覚が掴めないんだよなぁ。と思ったけど、仙骨に向けてビバを打つ感じでやってみた。

「左手から出てる感じ、右手で受けてる感じもありますが、打たれてる場所の体感はないですね。」と感想を述べ下さった。うーん。何でかなぁ。
その後、水晶Kさんからアドバイスを受けて、色んなやり方を試した。
コレは課題だなぁ。ちょっとしばらく自分で考えて見よう。

氣の情報の読み取りは、「最近の水晶Kさんはどんなかなぁ?」と考えながらトンレンした。
身体が左右に揺れてきて、顔も少し傾いた状態で横に動く。目線が左右に振っては戻ってを繰り返す。水晶Kさんがお仕事なさってる時の状態だった。うわー、速い。自分だったら疲れちゃうなぁ。ってくらいの作業量を感じた。

「じゃあ1年前の水晶Kさんはどんな感じだったかなぁ?」と「その頃の楽しい場面とかどんな感じ?」だとかを意識しながらトンレンした。全体的にアウトラインよりもっと大枠の読み取りしかできなかった。全然ダメじゃん(-_-)

トンレンが終わってから、水晶Kさんが前回自分に対して浮かんだ言葉があったそうで、そのことについて話した。
それから、アボカドの話になって、水晶Kさんはアボカドを買うと高確率で中身の種から根が出てるそうで、「イヤ〜〜!損したわ〜。」ってがっかりするそうだ。(←実はちゃんと食べれる)

自分もよくアボカドは買うけれど、根の出始めだやつなど見たこともないから、凄いなぁ。と思った。
今回は、話も盛り上がったので、2時間近くなってしまった。
水晶Kさん、お付き合いくださってありがとうございました。

skypeトンレン3連は、とても勉強になった。よーし。