ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

位置を変える2

続きを書きます。

今回も生徒さんたちとトンレンをしたんだけど、1人目は谷山教室を先月オープンなさった谷山さんと練習した。
始めの5分は自分が最近の日常の一場面を思い出しておいて、谷山さんが読み取る練習をした。
次の5分は特には考えないで貰っておいて、自分が谷山さんを読み取ってみた。
「最近の谷山さんはどんな感じだったかなぁ〜?」って意図的に興味を作って、氣の循環を作ってく。
今の状態に変えてよかったー!って充足感と、何かの呼吸法をしてるのがわかったので「最近ハマってる呼吸法とか、ありますよね?」って質問してみた。

以前からテンション高めだったので、最近は自分に足りない落ち着いた状態、呼吸法や話し方をゆったりするように意識してるんです。と教えて下さった。
ああ、ハマってる呼吸法はそれだったのかぁ。なるほど。
「ゆうがたヨクサルさん、(当てられたから)気持ち悪〜っ⁉︎」って褒められたよ。

他の生徒さんがたとも、それぞれトンレンを練習して、途中からMさんと谷山さんと自分の3人で誘導瞑想をした。
2人とも3段目なので、直ぐに氣の循環が出来て、同調もしやすかった。
意識を拡げてふやかしてからは、意識レベルが浮き沈みするのを個々に感じられたので面白かった。

全体的に、今日の生徒さんがたは陽気とゆーか、活性化してるなぁ〜。って感じた。師走だからかなぁ。
東京氣塾の終了後に、皆さんと晩ご飯を食べに行った。

仙台の生徒さんであるiさんが、今回は東京氣塾に参加下さってて、自分が告知したskypeトンレンをご一緒に試して下さることになった。他にも何人かの生徒さんとskypeトンレンを予定してて、ありがたいなぁ。と思った。

皆さんとご飯食べながら話をしてると、定期的に自分の意識レベルが変化してくる。(←いや、酔ってるとかではなくて)
上手く説明出来ないけれど、「皆さんと話をしてる状態の自分の位置」から「別の位置」にずれてくるのだ。

何の気配かなぁー?と探ってると、忠臣さんが「なんかやってる?」って気付かれる。えーとね、うーむ。やってるとゆーか、呼ばれてるとゆーか。

しばらくしてからも、iさんと氣の視点で色んなワークの話をしたり、トンレンをしてて、そこでもまた意識の位置が変わってくるのだ。
「コレ伝えとかないとね〜。」っていう内容が幾つか出てきたのでお伝えした。

今回の氣塾での話の内容でも言ったけど、自分の位置を変えることで、見える内容とか分かってくることが変化する。

枝葉を見るか、実や花を見るか、幹を見るか、もっと後ろにさがって木全体を見るか、葉っぱに乗る雫を見るのか、揺れる葉音や青い香りに気付きたいなら、自分の位置を変えればどんな感じか?が分かってくる。

特定の人を見るか、関係する2人を見るか、取り巻く組織や環境を見るか、もっと後ろにさがったり、ぐっと迫ってみたりしながら、自分なりの答えと言葉を見つけたい。

そーゆー作業は実に愉快だ。