ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

氣塾→カレー

東京氣塾の生徒さんであるMさんと、東京の仲御徒町駅にある「ベジハーブサーガ」さんに行ってきた。

Mさんのお知り合いに、ゆるベジのかたがいらっしゃるそうで、話題に上がって興味を持ち、先日の東京氣塾でその事を自分に話して下さった。
自分は、以前平日のランチを食べに行った事があったので、ならばご一緒に食べに行きませんか?とお誘いしたのだ。
こちらのお店は乳製品以外はすべて植物性のメニューで、一部ビーガンメニューもあります。

Mさんは、クレープ状のドーサも食べてみたかったそうだが自分と同じ南インドミールス(乳製品使用)を食べることに決まった。
注文をした後に、サービスでスープとパパドを運んでくださった。
Mさんが、薄いせんべいのようなパパドをみて、テンションが上がってきてるのがわかる。こうやって、何にでも興味を持って、ワクワクなさるのでこちらも楽しくなってきた!

ゆっくり味わいながら話していると、ミールスが運ばれてきた。自分が好きな薄い揚げパン的なプーリーを最初に食べた。途中から全部ちぎって、カレーとライスと混ぜてふやかして食べるのが好み。
f:id:yuugataJoxaren:20151121233433j:image
自分は普段ヨーグルトは食べないんだけど、今回はお米とヨーグルトとが混ざったやつも、いただくことにした。これをカレーに混ぜて食べたらどんな感じか知りたかったから。
バスマティライスやワダや酸っぱいスープその他もろもろを、好きなように混ぜ合わせて食べる。
食べ進めながら、Mさんの考察が進んでく。曰く「食材や食感が調和してる感じがある。植物性だからこそのバランスなんだって分かりました。」と発言をなさった。おおー深いっすね。
合気道を学んでおられるので、調和とゆー事がどんな感じなのかを感覚と体感で意識なさる。

上野も近いし、折角だから帰りに行ってみようと思っていた場所があった。Mさんに食事の後の予定を伺うと、空いてますとのことだったので一緒にそこへ向かうことになった。
次回に続きます。