ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

短時間で愉しむ2

続きを書きます。

ベジフェスをご一緒したAさん親子とお別れして、原宿駅から東京氣塾を開催する下落合駅に向かった。
駅を降りたら、東京氣塾の生徒さんのMさんが目の前を歩いてらしたので一緒に会場に行った。

今回は2段目の7番を教わってるヨッシーさんが前に出てお話をして下さった。
氣塾で学ぶようになる以前のこと、古式マスターヨーガを学びながらご自身がどう変化してきたのかとゆー内容だった。
ヨッシーさんは、来月から高円寺駅付近で教室を始めます。詳細は後日またお知らせさせていただきます。

そのあとは木村先生の講義で、休憩挟んで、次は自分が話す予定だった。
休憩中は、数人の生徒さんが先生を交えて氣穴について肩や首のところをズボズボ押しまくって盛り上がっていたので、そのまま流れを観察してたら横からヨッシーさんが「ゆうがたヨクサルさん、ホラ、始めるからって呼びかけないと!」って促してくれた。

「え〜?どうしようかなぁ〜。」と、のんびりしてたらまたすぐに「あ‼︎今っすよ!ホラ!はーい、始めますよーっ‼︎」って全部やってくれた(。-_-。)
おお〜。どんどんしっかり者になってくなぁ。ヨッシーさんが今度から進行すればいいのに。是非やってくれ。

今回は、先月に神戸元町で開催した大阪氣塾で得たこと「3段目、4段目の氣質とその効果」について自分の感想などを交えて話した。
1年経ってもあいかわらず言葉もつっかえるし、いい表現は浮かばないんだけど、久しぶりにスッと浮かんだテーマだったので誰かの役に立つかもな。

その後は、木村先生の施術を交代で受けて他の生徒さん同士で5分間ずつトンレンをした。
時間と人数の関係で、全員とはトンレン出来なかったし、おひとりずつと話す時間もとても短かったけれど、「今日の氣塾はいい感じだ。」って思えたんだよな。

駅に向かう帰り道で、群馬県から参加下さったAさんとお話できた。
Aさんは、ゴルフのお仕事をなさってる。自分はゴルフの事を何も知らないので素人的な質問ばかりしてたんだけど、その度に分かりやすい端的な言葉で教えてくださった。
ある質問をして「自分からやって見せて、実力を認めてもらえれば話を聞いてくれます。」って答えて下さった時、凄く共感できて同時にAさんはとても頑張ってらっしゃるんだなぁ。と思った。

ホームで電車を待ってる時には、MさんとIさんと自分とで話していた。
Mさんから「ゆうがたヨクサルさんは、最近何か分かってきたことありますか?」って質問を受けた。

その時は、うまく説明できなくて結局うやむやな感じで下車駅で降りてお別れしてしまったから反省してるのだ。

しみじみ感動してる事ばかりで、言葉に残してないからだ。なんかサラサラ〜!って流れて留めないからだ。
でも、それらはすべて自分の身体を巡って常に循環してるんだよな。もう既に持ってるのに。

「分かってきた事をまとめて、ほら、コレです。って話せない自分が今の状態なんだ。」ってのが分かってきたことです。
いつも常に、答えを作り上げる途中に自分が居るようでもどかしい。