ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

餅いろいろ

先日の東京トンレン部が終わってから、新宿伊勢丹にある和菓子の仙太郎さんでぼた餅と大福を買った。
仙太郎さんは横浜にもお店があって、いつもはそちらで購入してるんだけど、ぼた餅はそれぞれの店舗で限定フレーバーがあるのでチェックしなくてはならぬ。
センタラーです。センタラービギナーです。
つまりまだ食べた事がないやつに出会いに行ったんだよ。

仙太郎さんは、どこの店舗もお客さんが並んでる。並んでる間も、ショーケースを眺めたり、気持ちのいい接客を拝見するのが愉しみなんだよな。
待ってる間も、奥で作ってる和菓子がどんどん出てくる。うおー。フレッシュな和菓子は美味しそうだ。

以前から食べてみたかった黒豆の大福があったのでそれも買った。
トンレン部の帰りでとてもお腹が空いてたから、途中で何度か開けたい衝動にかられる。子供か。
帰宅後、ぱかーん。
f:id:yuugataJoxaren:20151003193328j:image

く、黒豆、黒豆ウマーー‼︎
豆だけでもいいからパックで売って欲しい。
食べたら顔がニヤニヤしてきて、身体がよろこんでくれてる。「こーゆーの摂取したかったんだよ‼︎」って訴えてきてる。そーか、身体さんも嬉しいのか。よかった。

大福の隣りは蕎麦の実のぼた餅、ごまと氷餅がまぶしてあるぼた餅、雑穀のぼた餅
蕎麦の実バージョンは初めてみた。
蕎麦の実が香ばしくてプチプチした食感で気にいった。また食べたい。

以前、池袋の仙太郎さんで黒胡麻と氷餅のフレーバーを買って食べたことがあって、その時は「かっこいい味わい」だと思った。
コレは金ごまの香りが、ほの甘い氷餅に乗っかって優しい味わいで、ゴマの違いで変わるもんだなぁ。と思った。
氷餅は、お餅をフリーズドライしてフレーク状にしたもの。ハラハラと薄い氷の破片のようで綺麗なんだよな。

仙太郎さんのぼた餅は、青じそが刻んで餅部分に混ぜてあるから、さっぱりしてほんのり香りが立って面白いのだ。

身土不二で、甜菜糖を使ってる和菓子屋さんがあるらしい!って数年前に知った。食べてみたらフレッシュでしっかり甘くて満ち足りた気持ちにしてくれた。

元気出したい時や、頑張ってて労う時にいつも買ってる。