ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

夏風味だったよ2

続きを書きます。

4段目の先輩であるみーさんとトンレンを終え、木村先生も交えて更に質問して話を聴きながら、隣では廣瀬さんリードで皆さんがトンレンや話をなさる。
最後に木村先生からチャンダリーと意識を降ろした際に生じる感覚などについて話があってから大阪氣塾は終了した。


終了後は、みーさんとFさん(髪型が超可愛かったー!)のお二人とは駅前でお別れして、お好み焼き屋さんで皆さんと食事をした。見たことない名前のソースが沢山並んでるのが面白かった!
こんなにソースを使い分けるのかぁ。

普段のセレクトが「なるべく植物性のものを食べる」なので、それをご存知の生徒さんがたは気づかって色々とメニューを見つけて下さる。
今回は梅酒とごはんと枝豆と麺の焼いた部分を味見させて貰った。

自分の場合、外食の場では例えばかつお節や卵や乳製品で混ざってて避けられない場合もあるので、そんな時はよけれるもの以外は食べるよ。
通常は、会話や場を楽しむ為に食事会に参加するので、食べる行為は少なくていい。

氣塾の時間中にお話できなかった生徒さんがたと、沢山のいろんなことを聴かせて貰った。
皆さんの熱心な考えを目の当たりにして、自分はなんと呑気で世間知らずなのかと思った。ほーんと周りのことに関心を持たずに暮らしてきたのが分かる。

それぞれの生徒さんに共通してる事は「知りたい!」と「自分で出来るようになる!」で、日常での使い方や課題はそれぞれ事なるけれど、向いてる方向は同じ。同じだから、素敵だなぁとか一緒に精進していきたいなぁ。とおもうんだよな。
自分のために、神戸の観光マップや冊子を持ってきて、最後に秘密のプレゼントをして下さったKさん、「一生懸命、誰かに何かをすること」を教わりました。ありがとうございました。

神戸三宮駅から、HさんとTさんと途中まで同じ電車に乗ったのでそこでも話をした。
先日の東京氣塾にいらしたHさんを参考に自分が試してることを述べたり、柔術やボクシングのことや、呼吸法の実践やモチベーションの維持について話を聴いた。今日はギャグで会話のすき間を埋めるの聞き逃したのでまた次回楽しみにしてます。ありがとうございました。

新大阪駅までの数分間は、自分と同じ3段目を練習してるTさんと一緒に過ごした。米原で自然食を作っていらっしゃるのを今回知った。まいばら!
新幹線で止まったことある。山から氣が降りまくって陰の氣取り込み放題のあそこか。
別れ際に酵素玄米のおにぎり(梅干しがフレッシュで美味しかった!)をくださったり、観察して話すことについて話して下さったTさん、「自分に足りないもの」を教わりました。ありがとうございました。

最後に神戸氣塾の進行係をなさってる廣瀬さん、お気遣いありがとうございました。お会いするたびに、廣瀬さんの雰囲気が少しずつ変化してて、それが何なのか?は自分はうまく表せませんが、今回も安心して氣塾に参加する事が出来ました。

カバンにも4番にも、お土産をどっさりぎうぎうに詰めて横浜の自宅に帰ったのは日付変わる前だった。眠いけど、忘れないうちにノートに記録してから2時前に眠った。
濃厚でぎうぎうの魂に残るいちにちだった。