ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

印象が濃いのはヒント

ある一定の期間に、自分が新しく知った話や、人など、それらをまとめて観察すると、共通した何かを見つける事ができる。

その時の自分が興味があったから反応す場合もあるけど、ごく自然な流れで、何となく見つけたものが、今必要なサインやヒントだったりもする。

ひとつひとつは、ジャンルもバラバラで、関連する事がないようにみえるから、普通の人なら深く考えずに流しちゃう。
でも自分の場合は、それに気付ける。
「その部分だけ印象が濃い」って感じなんだよな。なんでかねぇ。

気付いて考えて少し経ってから、その共通した内容についての例題みたいな事が目の前で起きたりする。
日常生活の中で例題が起きるから、規模としては小さいんだけど、「ああ、なるほど、こないだの件はこーゆーことなんだな。」って経験で学べるので理解が深まる。

それから自分なりに言葉でまとめるんだけど、今ひとつボキャブラリーのなさゆえ、しっくりこないまま、遠隔レッスンとかで木村先生に「こんな事ありましたー。こんな感じで分かりましたー。」ってつたなく話す。

すると、先生は既にその事をご存知だから、とっても分かりやすい言葉で表現して下さるのだ。
「ああ、それです。その言葉でピッタリです。」って思うんだよな。

日常生活から得れるヒントやサインを、自身でどうやって見つけるか?は、人それぞれのやり方がある。
6番や7番を練習、習得なさってる生徒さんは、皆さんどんな感じで見つけてるのかなぁ。


☆東京氣塾9月13日(日)神保町で開催します☆
*東京での個人セッションの日程*
9月12日(土)新橋にて開催
9月14日(月)新橋にて開催

★大阪氣塾9月27日(日)神戸元町で開催します★

↓詳しくは氣塾サイトでご覧下さい