ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

宴で感極まる

すごくむかーし、唄っていた事がある。

一緒に唄ってた仲間に、小さな頃から素質があって上達も早かった子がいた。
彼女がケラケラ笑って楽しそうに唄うのを眺めては、自分も嬉しくなった。

唄の練習をする場所は、大きくて四角くて薄いベージュ色の石が積んである。ここは石だらけの建物なんだけど、半分は外(空が見える)だから、声の感じが位置によって変わる。
声の響きかたを肌で感じて、唄は口伝で教えてく。こーやって唄うのよ!ってやって見せて教えてく。
「アー、アー、ア〜って、ほら、一緒にやってみて。」って練習するのが好きだった。

その子は歳頃になると、唄が評判となり見初められて、嫁ぐ事になった。
自分は、心の中の大半は、おめでとう。だったけど、ある部分では、残念だな。
と思っていた。
自分と同じように唄の道を歩いて貰いたかったから、ちょっと複雑な思いだった。

婚礼の宴で、自分は祝福の歌を唄った。
唄いながら、こう思った。複雑だった気持ちは消えてった。
「あなたの人生の転機となる場面に、こうして参加できる事が嬉しい。唄が人生のかけ橋となった事が嬉しい。あなたの幸せがどうか永く続きますように。



昨日と、今朝の瞑想の時に、断片的にその時の感情や景色や体感が再現された。
特に今朝のは、感動した。全身が鳥肌立った。
電車の中で座りながら、感動しまくって、涙もでてきて鼻かんだりして我ながら「落ち着け!」って思ったけどもー。
こーゆー時、周りの人達みんな、スマホに夢中だから気付かれなくてよかったけどもー。

誰かの転機に参加するとか、誰かの為に何かを繋げる働きをするとゆー事は、自分にとっても多くの栄養になる。
自分の中にある色んな事にも気付けるから。
そこから何を学びとるかは、その者次第なんだけど、今回も、ゆうがたヨクサルとして出会ってから色んな事を見せて貰った↓


結局は、ありがとうね!って事なんだけど、「自分と関連があった人たち」について瞑想してて、今回みたいな体感が起きたのは初めてだからここに書いておく。


☆東京氣塾の生徒さんが集まってトンレンの練習会をしてます。
名前は「東京トンレン部」です。

呼吸法のやり方を復習したいかた、氣の体感で、感情や想い出を読み取る練習をしたい生徒さんが参加なさっています。

次回の「第18回東京トンレン部」は
日にち:8月22日(土)
時間:13時〜17時の4時間
場所:新宿三丁目駅付近
参加料:¥2000
参加条件:氣塾または個人レッスン
または遠隔レッスンで施術を済まされてる方のみ。
問い合せ、参加申し込みは下記アドレスにご連絡下さい。
ゆうがたヨクサルから詳細を返信いたします。

vegeviva☆(☆→@icloud.com)

どうぞ宜しくお願いします。