ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

頭部の圧は大人にしとく

夏休み前に、スーパーで値引きシールの貼ってある抹茶の一期一会を見付けたので即買いしておいた。
この抹茶を使うおやつは旨いのだ。30gで¥1500以上するから普段は手を出さない。年に2、3度安い時に買うのが楽しみなんだよな。
充分おいしく感じるこの抹茶の、倍以上の値段の抹茶があるけど、風味ってどんな感じなのかなぁ。

さっそく豆腐のベイクドケーキ抹茶編を作った。

f:id:yuugataJoxaren:20150816220059j:image
植物性の材料だけで作ってある。
自分が考えた配合の中で最も気に入ってるおやつだ。抹茶の部分はレモン汁で酸味を増やしてある。
食べた時に変化があって濃い抹茶の香りと旨味が後から感じられていいんだよな。
焼いてから一晩寝かして、8ピースにカットして冷凍しておく。半解凍で食べるのが一番旨い。こーゆーの何だっけ?セミフレッドって呼ぶんだったかな。

晩に呼吸法の練習をした。
内丹法で2番チャクラから氣を発電する。今年の夏は、自宅でクーラーをまだ使ってない。晩は風がそこそこ通るので暑さもそこそこ和らいでる。
氣を発電し出すと、外気の温度より自分の周りの温度が高いのがよく分かる。
ねろねろ蒸し蒸しする。
3番チャクラ、4番、と上げてって頭部の内圧も調整していく。
6番と7番を廻す場合は、なるべく氣の波を荒げないでスッと廻す。コレ大切。
胴体内はゴンゴン活発でも、頭部はちょっと大人な感じにする。1段目であるマスターヨーガの頃は難しかったけど、2段目の途中から「波立たせない、荒げない」ってのがどんな感じか?が感覚で分かってきた。
3段目になると、波立たせてないのに熱い想いは変わらない。って感じに慣れてくる。あ、いまちょっと言ってて恥ずいな。
こーゆーのも3段目の「あつくるしい陽の氣あるある」なのかも。


☆東京氣塾の生徒さんが集まってトンレンの練習会をしてます。
名前は「東京トンレン部」です。

呼吸法のやり方を復習したいかた、氣の体感で、感情や想い出を読み取る練習をしたい生徒さんが参加なさっています。

次回の「第18回東京トンレン部」は
日にち:8月22日(土)
時間:13時〜17時の4時間
場所:新宿三丁目駅付近
参加料:¥2000
参加条件:氣塾または個人レッスン
または遠隔レッスンで施術を済まされてる方のみ。
問い合せ、参加申し込みは下記アドレスにご連絡下さい。
ゆうがたヨクサルから詳細を返信いたします。

vegeviva☆(☆→@icloud.com)

どうぞ宜しくお願いします。