ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

人とごはんと物と絵

上大岡にあったdriite(ドリッテ)さんが、Gemu(ゲミュ)とゆー店名で新しくオープンしたので、ランチを食べに行った。
以前スタッフさんと、改装前に少しお話を伺っていたので楽しみにしていた。
野菜をメインにしたデリだけど、ベジとノンベジのどちらも楽しめるメニューになった。

建物の外装は以前とそんなに変わった様子はなかったけど、中に入ると直ぐにレジカウンターが!おお〜。内装が変わってる〜。
注文と支払いを先に済ませて、レジカウンターで品を受け取って、テーブルで食べるタイプに変わったようです。
二階の貸しスタジオだった部分も客席になった。おお〜(*゚▽゚*)
f:id:yuugataJoxaren:20150802163224j:image

主食のご飯かパンかキッシュをえらんで、カウンターに並んでる主菜、副菜を好みで選んでいく。スタッフのお姉さんが、どれになさいますか?って促してくださる。分からないものは質問して教えてくれました。

クッキーやマフィンなどのお菓子は、以前と同じ白砂糖、卵、乳製品不使用で作っているそうです。
単品の注文も出来るので、食べたい量を自分で決めれるのもありがたい。
スムージーもあって、テイクアウト出来るようだったので、今度試してみようかな。

f:id:yuugataJoxaren:20150802164639j:image
自分が選んだのは、雑穀米と大豆ミートのチンジャオロースと、人参・はと麦のサラダ、ピーナッバタークッキーを2枚テイクアウトに包んで貰った。
クッキーの上部のカップは「ビデンスピローサ茶」です。初めて飲んだ。
さあ、皆んなで声に出して言ってみてー。ビデンスピローサ茶。言いにくいだろう?

沖縄の宮古島でそこら辺に、どんどん生えてくるハーブで、現地の人しか知られてなかったけど、免疫系をアップする効能があるんですよ。ってスタッフのお姉さんが教えてくれた。
分かりやすい特徴のある味ではなくて、毎日ゴクゴク飲めるような、優しめのお茶の味がした。
上大岡で菜食できるお店が復活して、これからまた愉しめるなぁ。嬉しいなぁ。

ランチの後に、三菱一号館美術館で開催中の、河鍋暁斎(かわなべきょうさい)の展覧会に向かった。
展覧会の前期は今日でお終い。
後期は8月4日から開催します。
f:id:yuugataJoxaren:20150802181825j:image
有楽町駅で降りて、美術館に行く途中に、骨董品のマーケットが開催していた。アンティークの着物や食器や古道具が沢山あった。こーゆーの大好きなんだよな。
そこらじゅうから、ピリピリと氣が感じられて、想いのこもった品物があるなー!って分かった。コレは自分にとって、嫌な感じではなくて、単純に「想いの強さ、弱さ」として感じただけだ。
アンティークのガラスビーズや金属モノがあったので、ゆっくり見ながら歩いて美術館に着いた。
f:id:yuugataJoxaren:20150802181702j:image

ざっくりした感想になるけど、展覧会にあった「大和美人図屏風」を見た時、わぁ〜!ってなった。想いの氣が強かったのだ。
枯山水の絵も、鯉が水の中でゆるりと泳いでるのも素敵だった。実物はやっぱりいいなぁ。
彼の書いた絵日記のエリアは、ひときわ混んでた。皆さん、興味深く魅入ってる。
そーだよなぁ。いつでも、何処でも、彼が絵の事を考えて向き合ってるのが伝わるいい展示だった。

彼の弟子のコンドルが描いた建物の図面も展示してあって、眺めてると細やかな氣がピリピリ右手センサーに入ってきた。暁斎とは違う氣の細かさで、とても興味深く観察した。
絵画とは違う、図面だからなのか分からないけど、線の筆圧感とか、紙に書かれてる全体のバランスが心地良かった。

展示を見終えてから、中庭でゲミュさんで買ったクッキーを食べて休憩してから帰った。今回もまた、「道」に触れる事が出来たな。よーし。
明日も頑張りまっしょいー!


☆東京氣塾:8月9日(日)神保町で開催☆
✴︎東京での個人セッションの日程に平日枠が増えました!
8月8日(土)銀座で開催
8月10日(月)秋葉原で開催←満席

★大阪氣塾:9月27日(日)
大阪トンレン部:8月30日(日)
どちらも神戸元町にて開催★

↓詳しくは氣塾サイトでご覧下さい