ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

ノコギリと木材

木村先生に遠隔レッスンで呼吸法を教わってる時に、「例えばもし、目の前にノコギリと木材を置かれて、何か作りなさい。って言われたらどうするか?」って話になった事がある。

「大抵の場合は、椅子とか棚だとか、木材を切って加工して組み立てるのを考えるけどね…」と先生は答えてから、「いかに柔軟に考えられるか?」って事と、「もし、自分がその立場ならどうするか?を常に考えるのも大切ですよ。」って事を教えて下さった。

ちなみにその時の自分は頭の中で、座ってノコギリを木材で叩きながら、おーまーえーはあーほーか。って弾くやつ。アレやってみたい!とか考えてた。
ミュージックソーってやつで曲作る。とか考えてたんだよな。(余談:あの音色を聴くと、息が自然とヘナヘナになって面白いよねー?)

例えば喫茶店かなんかで誰かとお茶をして、ここは私が払うから!いいえ、私が!ってのを自分が小さい頃はよく見かけた。
人にもよるんだろうけど、お互いが物凄くこだわってて、どちらも譲らないから気分良く支払いを済ませて帰るって事が出来ない場合が多々あった。
子供の自分から見れば、どうしてお互いにありがとうが言え無いんだ?って思うし、今、突っ返すとかしないで、今度会う時や別の形でその人が喜ぶかもなぁ〜!って事に使えばいいじゃん。って思った。

毎回そんな感じのやり取りをして、毎回同じような後味の悪さで終了して、よく同じ事を繰り返すなぁ〜。と思う。
そーゆーのが好きなんだろか?
それとも前回そうだった事を忘れちゃってるのだろか?

現在でも、レジでの支払いとは違うけど、「ここは私が!いいえ私が!」って場面は日常で見かける。反対側の「コレは私には関係ない。いいえ、私にこそ関係ない。」ってのもあるか。

今日は先生の話を思い出していた。


☆東京氣塾の生徒さんが集まってトンレンの練習会をしてます。
名前は「東京トンレン部」です。

次回の「第17回東京トンレン部」は
日にち:7月25日(土)
時間:13時〜17時の4時間
場所:横浜関内駅周辺
参加料:¥2000
参加条件:氣塾または個人レッスン
または遠隔レッスンで施術を済まされてる方のみ。
問い合せ、参加申し込みは下記アドレスにご連絡下さい。

vegeviva☆(☆→@icloud.com)

どうぞ宜しくお願いします。