ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

タオルが手放せない

朝、風呂入ってマスターヨーガの呼吸法②を廻す。
通勤電車の中で内丹法②〜⑦→退陰符→瞑想する。

今日の仕事は、当番制の独り作業を延々とこなしていたので、かなり呼吸法の練習が出来た。室内は、他の同僚達が仕事をする部屋に比べるとかなり室温が高い。エアコンをつけていても、周辺機器の熱風がバンバン出ているので体感温度は30度以上になる。暑っついんだよ!

内丹法で氣の内圧がいい感じに上がっていた。作業の途中には、椅子に座ってひたすら待ってるだけの時間があるので折角だから「チャンダリー・トゥモやるか!」って決めて氣を練り上げた。
はい。わかってます。熱くなるぞって、もう何度もやって経験で知ってるのに、敢えてチャンダりました。

うわー、熱っついなーっ‼︎
結果、汗だくになって、体感温度は35度以上になってたと思う。腕を曲げると、汗がタラタラ流れるし。タオルが手放せない。
身体は熱いんだけど、頭頂部から氣の放出が続いてる間はそこだけスースーする。右手センサーをかざしてみると勢いよく氣が出てるのが判る。

「今の自分が出来るだけ、何セットもやったり、ずっと長くチャンダリーをやったら、どーなるんだろう?」と思った。

古式マスターヨーガを学んで10ヶ月ほど経って、木村先生から初めてやり方を教わった時に質問してみたけど、「ずっとは続かないよ?超疲れるから。」と仰っていた。

そーだよな。休みの日にチャンダリーを練習すると、その後凄く眠くなるんだった。よーし今度、休日に長くやってみようかな。


☆東京氣塾:8月9日(日)神保町で開催☆
✴︎東京での個人セッションの日程に平日枠が増えました!
8月8日(土)銀座で開催
8月10日(月)秋葉原で開催

★大阪氣塾:7月26日(日)
大阪トンレン部:8月30日(日)
どちらも神戸元町にて開催★

↓詳しくは氣塾サイトでご覧下さい