ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

昼寝は楽しい

植物性の材料でジャム入りスコーンをおやつに作った。

f:id:yuugataJoxaren:20150621220950j:image
スコーン生地には、薄力粉と強力粉とココアとアルミニウムフリーのベーキングパウダーと岩塩、エクストラバージンオリーブオイルと豆乳と甜菜糖が入ってる。
マフィン型に敷き詰めて砂糖不使用のチェリージャムを詰めて生地で蓋をして焼く。自分にとっては、ジャムがはみ出てる方が美味しそうに見える。

自分が菜食を始めた時には、植物性のお菓子のレシピが沢山見つかった。凄いねぇ、インターネットは!と試しに作っていったけど、やがてはちゃんとレシピ本を買って作った。その方が美味しかった。
本人と全く同じ手際で作れる訳ではないけれど、何度も繰り返し作ってると自分なりに、著者のレシピへ対する想いとか、個性が感じられて愉しい。

おやつを食べた後は、本読んでは休んで、また読んでを繰り返して今日は昼寝ばっかりしていた。
でも意識はあるんだよな。身体が眠くて休んでるだけで、思考はある。6番チャクラと7番チャクラの意識レベルを行ったり来たりだ。

夜に、眠る時こんな感じでトロトロした眠気だったら「明日仕事あるんだから寝なくちゃ!」って焦るよな。
仕事中にこんな感じに眠かったらヤバイよな。
だが、今は休日の昼間だから、トロトロした眠気は大歓迎だ。存分に楽しんだ。

身体はゆったり眠ってて、思考は色んな事を考えた。
人間の寿命が短かった時代と、現代とを比べたとき、生き方の密度は同じか違うか?とか。
「お腹いっぱい食べたい。」とか、「病気でも薬代がない。」とか「戦争で生活が一変してしまう。」とかは、今の自分の生活なら食べれるし、一般的な体調不良なら治療法はあるし、戦争で家族がバラバラになってもいない。

過去にはままならなかった人々がいて、現代にもその様な人たちがいる中で、自分の生活とは「当時出来なかった事を叶えてる生活」なんだよな。したかった事(想い)はとてもシンプルに思える。
しかも自分が産まれた時には既に今の環境にあったとはな!

過去の記憶を辿っていると、今の日常生活が安穏なのが分かる。ここに生きてる事が凄い事なのが分かる。でも、今は今なりの課題や問題が、ある。

昼寝中にバーっ‼︎って考えていたから、重くないな。
久しぶりにゆっくり休めた。


☆東京氣塾の生徒さんが集まってトンレンの練習会をしてます。
名前は「東京トンレン部」です。

次回の「第16回東京トンレン部」は
日にち:6月27日(土)
時間:13時〜17時の4時間
場所:新宿三丁目駅周辺
参加料:¥2000
参加条件:氣塾または個人レッスン
または遠隔レッスンで施術を済まされてる方のみ。
問い合せ、参加申し込みは下記アドレスにご連絡下さい。

vegeviva☆(☆→@icloud.com)

どうぞ宜しくお願いします。