ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

半跏思惟でビバる

朝、風呂入ってマスターヨーガの呼吸法②を廻す。
通勤電車の中で内丹法②〜⑦→退陰符→瞑想する。

今日の仕事が、単独作業だったので、隙間時間を使ってビバの練習をした。
正式名称は煉氣波だけど、木村先生や生徒さん達はビバって呼んでる。

両手を輪に拡げて練習するのが定番なんだけど、仕事の作業内容が単調でとても退屈してたのと、誰もいない部屋だったからもあって、今回は足にビバってみた。
いや、いつもですけど、仕事はちゃんとやってますから!ヨッシーさんにいつも心配されるけど、完璧にこなしてるから!サボってないから!

椅子に座ってる状態で、足を半跏思惟像の様にする。右足を左足の上に乗せるのだ。
それから右足の土踏まずに向かってビバを打つ。おぉ〜!ちゃんと氣の束が土踏まずに当たるのが分かる!
しばらく続けてると、足の裏全体がビリビリしてきた。

次に親指から小指まで1本ずつビバを打つ。以前から、足に氣を流す練習をしてるんだけど、普段よりも爪が伸びるのが早くなる。コレ、自分だけなのかなぁ?

指先から足の裏全体に氣の通る感覚が分かったら、くるぶしに右手を添えて氣を引っ張る様に誘導した。

今度は右手を膝に添えて、足の裏〜膝、右手を腿の付け根に添えて、足の裏〜腿の付け根へと氣の束の長さを伸ばしていく。

左足も同様に練習した。
まだまだ時間は沢山余っていたのと、陽の氣でわっしょいモードになっていた為(←つまり調子に乗っていた)、足の裏に発脛を打つ練習もした。
コレは面白い!両手での練習よりも気脈全体に行き渡る体感が多い。

昼休憩の前に、退陰符で一旦氣を降ろしてから、午後は別の練習をした。
2時間後、足の所々がだるくなってきた…
あー、気脈がー。気脈がだるいなぁー。
やり過ぎた。ビバり過ぎました。
終業時間迄には、だるさは消えて、今は足の裏にピリピリ感がある。

普段の練習でも、気脈が拡がる期間とゆーのは、個人差はあるが、だるくなったり、痛くなる場合がある。
運動をして、筋肉痛になるのと同じように、気脈もそうなる。
怠さや痛みがなくなる頃には、気脈は以前より太く丈夫になるから、呼吸法で氣の取り込む量が増える事になる。

足にやった事ない生徒さんは、ビバの練習に是非お試し下さい( ´ ▽ ` )ノ


☆東京氣塾:7月12日(日)神保町で開催☆
✴︎東京での個人セッションの日程に平日枠が増えました!
7月11日(土)
7月13日(月)

★大阪トンレン部:6月28日(日)、
大阪氣塾:7月26日(日)
どちらも神戸元町にて開催★

↓詳しくは氣塾サイトでご覧下さい