ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

5分でトンレン

神保町で開催する東京氣塾に行ってきた。向かう電車の中で内丹法②〜⑦→退陰符→瞑想の練習をする。

今日の氣塾では始めに、リラクソンさんが、古式マスターヨーガと太極内丹法についての概要の説明をして下さった。
その後に、自分の考える「選択する自由とは」について話して、木村先生からのまとめの後に一旦、休憩を取る。

休憩後は、初参加の方は木村先生から呼吸法による氣の発動原理説明と気脈の詰まりとりの施術をして、他の生徒さん達は、ペアになって5分ずつトンレンの練習をした。
Aさん、Bさんに分かれて向かい合って座ってもらい、Bさんが5分間、呼吸法をしながらAさんに氣を送る。Aさんは、送られてきた氣の体感を受けて、どんな感じがするか?とかを述べる。

5分経ったら、交代して今度はAさんが呼吸法で氣を送って感想を述べる。コレで1セット終了。
人を入れ替えて、新しいペアでトンレンを何セットも練習した。

制限のある時間内でトンレンをするから、氣の循環や読み取りに集中すると「え?もう5分経ったの?」って短く感じる。
自分の場合、皆さんとトンレンをしてると、意図しなくても自然に次々と情報が判った。バイクで氣塾の会場迄来たんだな。とか、最近ご実家の家族にお逢いしていたんだな。とか、旅行でこんな感じの場所に行かれたんだな。とか、犬を飼っていらっしゃるんだな。とか断片的ではあるけれど、どんどん浮かんでは、別の情報が入って来るから、確認→読み取り→確認→読み取り、確認→読み取り→ハイ!5分終了〜!って、うおーい!追いつかないぞ。

氣の情報は、視覚イメージだったり、言葉で浮かんだり、触感だったりした。
今迄は視覚イメージが弱かったので、少しずつ出来るようになってとても嬉しい。
休憩時間に、女性の生徒さん達と雑談をしているとその方の身体の凝ってる部分も体感でトレースされちゃうので、「マッサージしてあげたいなぁ〜。」って思う。

トンレンで、相手の方が自分を読み取る場合は、「フラット過ぎて何も読めない!」ってならない様になるべく分かりやすいよう氣の内圧を変化させたり、意図的に感情を思いながらそれを体感していただいた。

ペアになったそれぞれの方の学んでいらっしゃる段階に合わせて、呼吸法のコツや、面白そうな体感を変えていく。
その方の参考になる体感、話題ってどんなかなぁ?と考えながら変えていく。

マスターヨーガの3番チャクラ開発中の生徒さんとトンレンをした。この方は、感覚が鋭い為に他者からの影響をモロに受けてしまう。
日常全ての人が常に心地好い状態な訳ではないから、イライラしてる人、具合が悪い人の影響を受けてしまう。

気力を上げて、他者の影響を受けない様になりたいからと氣塾にいらっしゃったのだ。
一緒にトンレンをして、この方が今よりもっと楽になるだろうなぁ!って思う呼吸法のコツを話した。

大丈夫ですよ!自分もそうやって他者の影響を受けてシンドイ思いをしてきたけれど、変わりました。
悩みのタネだったそれは、トンレンで氣の情報の読み取りに活かせています。
相手をより深く理解するツールに変わりました。
感覚が鋭い事を、良い方向に使いこなせるように練習していけばいいんですから、絶対大丈夫です。

初めてお逢いした方、久しぶりにお逢いした方、いつものお馴染みの生徒さん、今回も参加下さってありがとうございました。これからもバンバン練習して行きますよー!どうぞよろしくお願いします!