ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

下校散歩

小学生の時は、弟か友達と一緒に登校していた。子供の足で15分くらいのみちのりである。

下校時は、1人で帰る。
たまには途中まで友達と一緒に歩いてく場合もある。気が向くと、その子が住んでる地域まで一緒に歩いてく。
どこから来てるのか?が興味あって一緒についていく。そこは団地だったり、住宅街だったり、小規模な商店街だったりするから、今まで自分が知らなかった道を歩くのはとても面白かった。
だいたい15分くらいでその子達の家に着く感じの距離だった。
へぇ〜って納得だけして、そのままサヨナラして1人でまた歩いて帰った。

何人かの友達の住んでる地域を把握すると、「今日はこの道を行ってみよう!」と1人で歩いた。友達じゃなくて、知らないけど同じ学校の子が歩いてると、後ろから歩いていったりした。

ランドセルを背負って、下校時刻に子供が歩いてるのは何でもない光景だけど、通りすがりのおばさん達や、商店街のお店の人達は自分を見ると「おや?見かけない顔だなぁ?」って不思議そうにしていた。
たまーに、「◯◯パン屋さんトコの子だよね?何でここまで来てんの?」って聞かれた。
何で?と聞かれて、「面白いから!」と答えても叱られそうだし、親に電話なんかされたら困るから笑顔のままサッサとその場を離れて歩いた。

こうやって、自宅から学校までの周囲を歩いて覚えていった。
この道を途中で曲がれば桜並木のここに出る。とか、団地の坂道を登ると、この前来たお祭りの公園に出る。とか、頭の中でいろんな場所が繋がっていった。
何となく知っていた場所や道を、自分で歩いて分かってく事がとても面白かった。

下校散歩は面白かったけど、親にバレて寄り道禁止になったのは8歳の時だった。その頃には、頭の中の地図は結構出来上がってて、満足していた。

コレは、自分の知ってる経験が、ある時繋がって、「そーゆーことか!」って分かる面白さに似てる。
こっちは誰にも禁止されないから、自分の命の終わりまで、思考が停止するまでは出来るなぁ。


☆東京氣塾:6月14日(日)神保町で開催☆
✴︎東京での個人セッションの日程に平日枠が増えました!
6月13日(土)←満席です
6月15日(月)←受付け中です✴︎

★大阪トンレン部:6月28日(日)、
大阪氣塾:7月26日(日)
どちらも神戸元町にて開催★

↓詳しくは氣塾サイトでご覧下さい