ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

負けずに慣れろ

最近の自分にとっての標語は、「脚元固めて手堅く対処!」である。

言うのは簡単だけど、実際には「脚元って具体的には何だ?」とか、「手堅くってどこまでがそうなんだ?」とか、しょっちゅう考えてる。

基本的な事を、難しいと感じないで、当たり前のように出来るようになりたい。とか、問題が起きた時に、それらを駆使して良い方向に運べる様にしていく。だとかを日常生活に当てはめてく。

最近はそーゆー実践の場が自然にやって来る。

最初はとっても簡単で、些細な事からやって来る。
日常的な、よくある作業で、ほんの少しだけ面倒くさい感じの内容でそれは起きる。面倒くさいだけで、やろうと思えば出来ちゃう様な事だから、スッと片付ける。そーゆーのは、何度も起きるから、ひとつずつ片付ける。コレに慣れると、次は、もうちょい込み入った物事で目の前に起き出す。

別件が重なったり、予定外の作業が増えたりして来る。優先順位と時間配分を考えて、「ここまでは終わらす!」って意を込めて見切りをつけて動かないと、片付かないからそれなりに忙しい。でも、それが出来ると、とても達成感がある。
コレに慣れると、次は更に難易度が高くなってくる。

関連する人が増えて、それぞれの思惑だとか、取り組む期間が長いとか、状況が刻々と変化するだとかで、結構ややこしくなってくる。

自分の中でのこだわりがあったり、一方的な目線だとうまく進めないから、視点は色々変化させる。「より良くなる為に、どう進めたらいいのかなぁ〜。」って常に考える事で、情報や参考になるヒントが見つかり出してくる。見つけたら実際に使っていく。

最も難しいのは、自分に余裕があって、さあ、いつでもかかって来なさい〜。って時は殆ど何もないのに、既に忙しくて込み入ってる時に限って起き出す事だ。

「えーっ⁉︎今それどころじゃないんだけどーっ‼︎」って言いたくなるけど、そこでないがしろにしたら負けなんだと今朝気付いた。うわー、危なっかしい〜。でも気付けて面白い〜!

「さあ、ゆうがたヨクサル、負けずに慣れろよ?」って自分に言い聞かせる。



☆東京氣塾:6月14日(日)神保町で開催☆
✴︎東京での個人セッションの日程に平日枠が増えました!
6月13日(土)←受付中です
6月15日(月)←受付け中です✴︎

★大阪トンレン部:6月28日(日)、
大阪氣塾:7月26日(日)
どちらも神戸元町にて開催★

↓詳しくは氣塾サイトでご覧下さい