ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

ちょいちょいサイン

先日のトンレン部が終わってから、忠臣さんとMさんの3人でお茶を飲んだ。
Mさんは、普段とても忙しく、東京氣塾でもなかなかお会いする機会がないので、ここぞとばかりにお互いに話しができてとても楽しかった。

ある件の動画を忠臣さんが録画していたので、Mさんが頑張って再録画してる間は、話し声が入らない様に静かにしていた。

その間に、今回のトンレン部では忠臣さんとトンレンしてなかったので、向かいの椅子に座ってる忠臣さんに口パクで「トンレンでもしてましょうかね〜?」って誘った。
ファミレスで、傍目には静かに向かいあってるだけの様に見える。こんな環境でも、トンレンは出来ちゃうのが便利なんだよな。

最近の忠臣さんは、軽やかな気配がする。何でか分からないけど、トンレンをすると、やっぱり4番チャクラ奥の一部分がワクワクしてるのが判る。ははーん?

そのままお互いに、静かな氣の循環だけをしてたんだけど、自分の直感が、横からちょいちょいサインを出してくる。

暫く無視してたんだけど、直感は辛抱強くサインを出してるので、確認をした。
『なに?今トンレンしてんだけど?』
『忠臣さんに聞いてみて〜。』

その後、忠臣さんにある内容を話題に振ってみた。
忠臣さんのリアクションが微妙にいつもと違う!ははーん?

録画を終えたMさんも加わって、直感で得た内容をトンレンを踏まえて話し合った。超盛り上がりました。ココは女子会か⁉︎っつーくらい沸きました。

自分でも、何でこんな事を話題に振ってるんだ?っていう感覚だった。
いつもの自分なら、そーゆー話はしないんだけどなぁ。

直感とか、ひらめきとか、降ってくるアドバイスとか、呼ばれ方は色々あるんだろうけど、「自分の外側にある発想」は本当に興味深い。

自分が行き詰まって煮詰まって、それでも思考循環を繰り返して、自分の中で答えを探すのに夢中な時に、「こんなやり方もいかがですかー?」ってふわりと思い浮かぶのだ。

コレに気付いてから自分で受け止めて何度も検証してる。殆どの場合、取り組んでる課題の足がかりになる。

直感が、誰か他の人に向けての事になる場合、今後どんな感じになるのかを観察して行こうと思います。
忠臣さん、Mさん、気楽に構えてどうぞよろしくお願いします(^^)


☆東京氣塾:6月14日(日)神保町で開催☆
✴︎東京での個人セッションの日程に平日枠が増えました!
6月13日(土)←受付中です
6月15日(月)←受付け中です✴︎

★大阪氣塾:5月31日(日)神戸元町にて開催★

↓詳しくは氣塾サイトでご覧下さい