ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

ご飯に挟む

菜食を続けて4年目になる。3年前は、ベジパウンドケーキを週末に数本焼いて、スライスしたものを冷凍しておいて、お弁当に持って行った。
2年前から朝、お弁当を作る様になってからは家で調理したものを詰めて持って行く。
「忙しくても、出来たものを買わずに、簡単でいいからなるべく自分で作っていこう!」って菜食を続けようと思った時に決めた。手の込んだものは、休日か菜食のお店で食べればいい。

アボカドは、自分にとっては「元気になる、上がる食材No.1」なので、週に1〜2回は食べる。今朝もお弁当に持って行った。
f:id:yuugataJoxaren:20150527185605j:image

人参のサラダは、クミンシードと胡椒とワインビネガーとレーズンで混ぜてある。
さやいんげんは白練りごまで和えてある。
生のフルーツかトマトなどを必ず食べてる。
ご飯は胚芽米に雑穀と麻の実ナッツを混ぜてある。
今回は、ご飯の中にアボカドと小松菜が入ってるのだ。コレを述べます。

f:id:yuugataJoxaren:20150527185554j:image
アボカドをスプーンで食べやすいサイズにくり抜く。

f:id:yuugataJoxaren:20150527185857j:image
茹でた小松菜を加える。
醤油とレモン汁をスプーン各2杯ずつ加えて混ぜる。胡椒とか足してもいいけど、今回は無し。

f:id:yuugataJoxaren:20150527190047j:image
浅くご飯を敷いてから、ちぎった海苔を敷き詰める。アボカド達も敷き詰める。

f:id:yuugataJoxaren:20150527190217j:image
再度ご飯を重ねて完成。真ん中に挟む事で、食べる時に食べやすいし、洗う時も汚れが少ない。

今回のおかずは、巻き寿司にしてお客さんに出す時もある。お弁当用なら、今回の仕様の方がスプーンですくって食べやすい。

アボカドと小松菜(クセのない青菜とか)
とレモン汁と海苔とご飯の組み合わせは、とても美味しく感じるので、お勧めしたいけど、自分の周りには、あんまりアボカドを食べる方が居ない。「あれば食べるけど、無くてもいい」食材になってるらしい。そーかぁ。自分は無いと困るなぁ。

今日の仕事は、気温も上がりそうだし、一日中動き回る体力仕事だったので、元気になるお弁当をガッツリ食べて頑張れた。
呼吸法を毎日していると、お腹も空くので、更に美味しく食べれてる。
人の食のスタイルは千差万別で、多様だから、自分にあった食べ方が見付けられて良かった〜!って思ってる。