ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

境界が揺らぐ

新橋で開催する個人セッション2の見学に行ってきた。

その前に仲御徒町駅近くの「ヴェジハーブサーガ」さんで昼ご飯を食べる。
向かう電車の中で内丹法②〜⑦→退陰符の練習をする。
開店時間から少し経った11時半過ぎに着いたので、女性2名と赤ちゃんが座って居るだけで、まだ空いていた。

f:id:yuugataJoxaren:20150518214414j:image
↑平日ランチのミールス
揚げパン2枚付いてて大好きだから嬉しい。左側のは豆のおせんべい的なもの。これも大好き。その日のカレー数種類からひとつを選べます。酸味のあるスープや野菜のサラッとしたオカズやらを混ぜながら食べるから味が変化して楽しいんだよな。
チャイかラッシーが付きます。

先の赤ちゃんを連れた女性2名の席に、お店の方がニコニコ話しかけていた。お母さんに、ゆっくり食事をして貰おうと、スタッフの方が赤ちゃんを抱っこしてくれていた。お母さんは、いいねー。抱っこして貰って嬉しいねー。って何度もニコニコ話しかけてて、写真を撮ったり英語で話しをしていた。こーゆー雰囲気良いなぁ。大好きだ。

食事を終えて、新橋に向かう。
個人セッションの見学の際は、氣塾やトンレン部の時とは違って、自分は観察する側に徹する。
さぁ、トンレンしますよ!とか、次はこれをやりましょかーっ⁈って進行を考えなくて済むから落ち着いて先生の話や動作を見る事が出来る。
時間圧縮の話題になった時は、隅っこに座って7番をキンキンにフル稼働させて考えた。

セッション2終了後は、皆んなで喫茶店で談話した。話しを聞きながら、「生徒」って感じの集まりは良いなぁ!と思った。同じ学び途中のメンバーでの会話とゆーのは、先生や、答えを知っている位置の人々とはまた異なる見解が得れる。こーゆー雰囲気良いなぁ。

夜から歯のクリーニングの予約をしていたので、先に退席させて貰った。挨拶しないで先に帰ってしまって、皆さん、すみませんでした(>_<)

新橋から横浜まで戻って、職場のある駅まで乗り換える。ちょうどに着いて間に合った。
クリーニングをして下さる歯科衛生士さんが作業をしている間は、自分はいつもリラックスしている。そのせいもあって今日は意図せずトンレンをしていたようで、歯科衛生士さんの体調を自分の身体にトレースしてしまった。

横に寝て、顔にタオルをかけてクリーニングをして貰っていると、こめかみから眼球の奥にかけて軽い痛みが起きる。吐き気を伴う頭痛って感じ。後頭部から首筋にかけても緊張感とゆーか、こわばりを感じる。
アレ?って気付いて、歯科衛生士さんから意識を外すと頭痛は治まる。
また意識を向けると痛みが起こる。
ああ、コレは歯科衛生士さんの今の体調なんだなぁ。ってのが判るのだ。
それでも笑顔で、丁寧に施術して下さってるんだな、かっこいいなー!って思った。
クリーニングも後半になってから「もしかして、こめかみとか目の奥って痛いですか?軽い吐き気とかないですか?」って質問してみた。歯科衛生士さんは、自分がマスターヨーガを学んでるのをご存知で、氣に関しての抵抗感もないと以前からおっしゃっているので、いつも話しをしているのだ。

「え〜〜っ⁈何でー⁉︎そーゆーのも分かっちゃうんですか。」って笑いながら驚いていた。
休日に陽射しを避ける為にサンバイザーを被って過ごした翌日は、必ず頭痛になるそうだ。

そうかぁ。でも、このタイプの頭痛なら頭頂開調息と右手で氣を抜き取るのとで、軽減できるよなぁ。と思ったので、クリーニングを終えて会計を済ます間と、帰りの駅のホームと電車の中でトンレンしながら呼吸法で整えた。

電車の中の自分と、歯科衛生士さんのいる歯科医院との距離が離れて、氣の体感が無くなるまでトンレンをしながら呼吸法をした。ちょっとは頭痛、楽になってたらいいなぁ。

「もし、自分がこの人の立場だったら?って考える事がある。

大抵の場合、相手の立場近くまでは考えられるけど、やっぱり自分と相手の隔たりはある。身体はそれぞれ個別の存在なんだって思い知らされる。

でも、トンレンで体感をトレースするとゆーのは、「もし、自分だったら?」がもしではなくなるのだ。
相手の状態がトレースされているのだから、「自分」をどうやって治そうかな?って対処する事が出来る。

コレって本当にすごい事だ。
自他の境界が揺らぐのだから。

今日も沢山の気付きを得る事が出来た。
人と逢って、色んな事を考えて、周りの全てが栄養となって自分に入って来る。
この栄養はいい味わいがする。