ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

拾う②

続きを書きます。

集めたシーグラスを回収してから、鎌倉駅方面へ向かう。
途中で、鎌倉野菜を売ってる市場を見てから昼ご飯を食べに、小町通りにある「なると屋+典座」さんに行った。

こちらは鎌倉野菜を使っているので、季節ごとに違う惣菜が食べれる。器も美しい。鎌倉に来るとココで食べる。自分にとって、塩気と味付けがちょうどいいのだ。出汁は動物性です。ビーガンではないです。

f:id:yuugataJoxaren:20150504190032j:image
五月のごはん。新生姜と新ゴボウの入ったご飯が香りがよかった。人参の擦ってあるお汁、胡麻豆腐、隠れて写ってないけど蕗と梅干しもある(蕗うまー)。
小松菜とほうれん草とワカメのお浸し、かぶとサヤインゲンを揚げたモノにトマトと麹味噌がかけてある。

どれも丁寧にこしらえてあって、本当に素敵だ。初めてこのお店に行った時、開店と同時に入って行った。
その時にカウンターにいらっしゃる何人ものスタッフの方々のピン!と張り詰めてシャッキリした氣と、ようこそ。って優しい氣とが、自分にスッと入って来たのを覚えてる。
ひと通り満席になった時点で、その気配は掻き混ぜられてしまったけれど、「場の気配とは?」が良く分かった経験だった。

友人と、美味しいねー!と何度もいいながら味わう。丁寧な御飯は美味しいねー!

食後、器をみて歩いたり、カフェで休憩しながら話した。帰宅後に苺ソースを作って、半解凍のベイクド豆腐ケーキに添えて食べた。苺を軽く潰して甜菜糖を少し入れてフライパンで加熱、ペクチン出してとろみを付けた。

f:id:yuugataJoxaren:20150504192510j:image
日焼けして歩いて疲れた身体に沁み入るなぁ〜。って感じの甘さと酸味。美味しく出来た。今度から春はプレーンと苺ソースで食べよう。

一緒に過ごした友人は、とてもポジティブな思考をするタイプだ。
ちょっとしたアクシデントがあっても「でも○○したから気付けた〜。良かった〜!」っていつも前向きに捉える。

失敗を失敗として落ち込んだり、後悔するのではなくて、失敗を次の足掛かりにするのだ。そして自分に足りない部分を気付かせてくれて、違う視点から物事を教えてくれる。何より良いのは、お互いに愉しんで話せてるのだ。

こーゆー人達が、自分の身近にいる事を感謝している。

☆東京氣塾:5月17日(日)神保町で開催☆
✴︎東京での個人セッションの日程に平日枠が増えました!
5月16日(土)5月18日(月)受付け中です✴︎

★大阪氣塾:5月31日(日)神戸元町にて開催★

↓詳しくは氣塾サイトでご覧下さい