ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

拾う①

鎌倉の由比ガ浜ビーチグラスを拾いに行ってきた。
向かう電車の中で内丹法②〜⑦→退陰符→深呼吸の練習をする。

職場の友人が、レジンを使ったアクセサリーを作ってて、ビーチコーミングで拾った物を使いたいと話していたので同行したのだ。長谷駅から海岸線沿いに由比ガ浜方面へ歩う予定。
f:id:yuugataJoxaren:20150504173836j:image
朝9時半。風強い。友人のターゲットは色付きガラスとの事。よーし、7番チャクラ廻してどんどん集めるよ‼︎
ビーチグラス赤は滅多にお目にかかれないらしい。オレンジ色も「あった!」って拾うとプラスチックの破片だったりする。

緑系と白濁した透明ガラスと茶色はそこそこ見つかる。
貝殻が密集してるポイントが時々あって、そこをしゃがんでジッと見てると「ガラスここにいます!」って居ずまいで近くに見つかる。

陶器の欠片も柄によっては味わい深く感じたので拾った。
友人は遠くで足の小指の爪サイズの貝殻を夢中で拾ってる。あれー。ガラスは?

途中でゴミを集めて下さる方々に出会った。ビニール袋は濡れた砂が中に入ってしまってるので、振り落としながらビニール袋だけを回収してる。そうか、濡れた砂は回収する時に大変なんだな。とハッとする。幾つか自分も砂を落としてビニール袋を集めた。腰を屈めて拾っても拾っても周りにたくさん落ちている。

潮の引いた場所では、潮干狩りしてる人が何人もいた。ウインドサーフィンしてたり、犬と散歩してたり、トンビは空中で停止したまま人間の食べ物を狙ってる。クラゲもプニプニした海藻も砂浜に打ち上げられている。

マスターヨーガの1段目と内丹法の2段目までは、海に近い場所に居るだけで、「氣を持ってかれる感」が強くなり、考え事をしようとしてもスッカスカになってしまっていた。
でも、3段目の後半になって来た今日は、持ってかれる感はなくて普通に考えられる。おお〜。こんな所で3段目の体感が確認できるとは!

海と樹の多い場所とでは、全然
思考の留まり方、氣の体感が違う。
自分の場合、考え事を増やして整えるなら樹の多い場所で。考え事がごちゃ混ぜで停滞してる時は海に近い場所で。と分けてる。その方が進むのだ。

2時間半くらいかけて鎌倉駅につながる通りの前まで歩いた。
集めたものを軽く乾かす為に歩道の脇で広げてみた。

f:id:yuugataJoxaren:20150504180449j:image
左手前の青いガラスを見つけた時は、わぁ〜‼︎って声上げた。茶色のガラスと緑系ガラスの間が陶器の欠片と貝殻。
奥の白っぽいガラスに、柄がついてるのもあって、こうやって並べて見ると面白い。

綺麗に洗浄すればもっといい感じになると思う。角が綺麗に丸くなってるガラスは殆ど見つからなかった。
一部の陶器の欠片だけ自分用に貰って、後は全部友人に渡した。

友人が集めたやつも、見せてもらったけど、ちっさい貝殻とちっさいガラスが多かった。自分の集めてたやつは大きかったから、アクセサリーにはしないで、シーグラスのランプとかにすると言っていた。
続きは次回に書きます。