ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

喉の圧迫感

朝、風呂入ってマスターヨーガの呼吸法②④⑦を廻す。通勤電車の中で内丹法②〜⑦→退陰符→瞑想する。

今日は仕事中も、なるべく5番の呼吸法をする様にした。ヨッシーさんからは「ゆうがたヨクサルさんは、ちゃんと仕事をしてるんすか⁉︎」っていつも心配されるが、ちゃんと仕事してるよ!
ちょっと席を移動する時や、人の居ないタイミングでやってるんだよ‼︎

5番チャクラに氣の流出を感じると、喉の下ぐらいの位置に圧迫感を感じる。
軽く指で押さえられてるような、喉に何か詰まってる様な、5番チャクラの位置に小さな心臓があって、トクトク脈打ってる様な体感になる。今、この文章を書いてる状態でも、思い出してるから5番チャクラがグルグル廻ってる。呼吸法をしなくても、思い出すだけで5番はよく廻るんだよな。

数年前に体調を崩してた頃は、毎日朝から晩まで喉に圧迫感を感じていた。
回転性の眩暈を調べる為に、耳鼻咽喉科に通ってて、そこで喉の奥を見て貰ったけど、なんともなかった。
耳鼻咽喉科で検査して、原因が分からなかったので、他の診療科を紹介されてそこでも原因が分からなかった。
喉の圧迫感は、日増しに強くなり息苦しかった。漢方薬の半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)とゆーのを処方して貰って飲み続けた。薬なんだから仕方がないんだけど、コレが超不味くて、飲み終えた先から吐き気がする程ヘンテコな匂いだったなー。オブラートに包んで頑張って飲んだ。

喉の圧迫感は、ヒステリー球とか梅核気とか呼ばれる。自分の場合は処方して貰ったどの薬にも効果を感じる事は出来なかった。何年も散々付き合った症状だったけど、呼吸法を始めてから圧迫感の頻度が極端に減ってきて、1段目の5番チャクラを練習する頃には全く出なくなった。5番の呼吸法をする時と、先々の予定を考える時だけ喉に圧迫感を感じた。

呼吸法を知る以前の、喉の圧迫感はチャクラが詰まってたからで、呼吸法を練習する時と先々の予定や計画を考えるときの喉の圧迫感はチャクラが廻ってるからだと、今なら判る。
事前に体感があったので、5番チャクラの位置は直ぐ覚えられた。

他のチャクラの位置も、こうやって考えてみると、そういえばあの頃よく6番反応してたよなー。とか、夜寝る時に横になってると3番に心臓があるみたいにドキドキしてたよなー。とか、仕事を始めてから2時間位経つと必ず胴体内が圧迫感でパンパンだったよなー。とよく分かる。
氣の循環がなされず、停滞していたから圧迫感を感じたり、補う為にチャクラに氣が集まってたんだよな。

こーゆーのを知らなかった頃は、何でこんな感じなのか分からなくて、とても怖くて苦しかったけど、知ってみると楽になれたし練習する時に大いに役立ってるのだ。
経験って、良いも悪いもどっちも自分次第で活かし方が違ってくる。


☆東京氣塾:4月19日(日)5月17日(日)神保町で開催☆

✴︎東京での個人セッションの日程に平日枠が増えました!
5月16日(土)5月18日(月)受け付け開始です✴︎

★大阪氣塾:5月31日(日)神戸元町にて開催
初登場‼︎大阪トンレン部:4月26日(日)神戸元町にて開催★

↓詳しくは氣塾サイトでご覧下さい