ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

おやつ2種

豆腐のベイクドケーキを作った。木綿豆腐とカシューナッツがメインの植物性材料を使用。
マクロビオティックのレシピを参考にしてる。
f:id:yuugataJoxaren:20150404182851j:plain

クラスト生地は、いつものココナッツクラストではなくて、残り物のオートミールとレーズンと麻の実ナッツとメープルシロップを混ぜて底に敷いた。
抹茶がなかったので、ココアでマーブルにした。やっぱり抹茶味の方が美味いな。

焼きあがって冷やしたものと、1日以上冷やしたり冷凍したものとでは、味が全然違う。半日冷やしても、味が尖ってるのだ。
酒粕とバニラエキストラクトと白味噌とオリーブの実である熟成食材と、米飴とメープルシロップ甜菜糖の甘味がバラバラに騒いでる感じだ。ココナッツオイルとレモン汁も馴染んでない。クラス替えしたての五月前って感じだ。コレが1日経つと秋の文化祭を終えた後の一体感くらいには変わるのだ。


f:id:yuugataJoxaren:20150404184517j:plain
ココナッツマカロン

ローフードのレシピでよく見かけるので参考にした。
今回使用のココナッツはローストしたフレークを使ってるのでローではない。
大きなフレークをブレンダーで細かく粉砕しようとしたけど、どーしてもここまでしか砕けなかった。次回作るときはココナッツファインにしようと反省する。

ココナッツ、岩塩、メープルシロップ、を混ぜて計量スプーンで、ぎうぎう堅めに成型する。ディハイドレーターの代わりに冷蔵庫の中で乾燥させた。
かの素敵マシーン、ディハイドレーターがあったら面白い食べ物がたくさん作れるんだろうな。

どちらのおやつも分割して、冷凍庫で保存する。平日の頑張った日には「おやつあるから早く帰ろう!」って愉しみにして帰宅する。
おやつを作る時は、必ずリラックスして行う。絶対に美味しくなって、身体の一部になって貰います!ってイメージしながらオーブンに入れたりするんだけど、そのお陰なのか分からんが食べると静かに元気になってくる。
イメージをしなかったり、他の事に考えがいってせわしく作るのとでは違うんだよな。

フルーツでも、野菜でも、取り込んで自分になって貰うと思って食べると、身体がジーンとしてきて本当に美味しいんだよなー。


☆東京氣塾4月19日(日)神保町で開催☆
✴︎東京での個人セッションの日程に平日枠が増えました!(4月分は満席です)✴︎

★初登場‼︎大阪トンレン部4月26日(日)神戸市にて開催★

↓詳しくは氣塾サイトでご覧下さい