ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

隙間を作る

朝、風呂入ってマスターヨーガの呼吸法②④を廻す。
通勤電車が信号故障で停まってたりしたので、いつもより長めに練習できた。
退陰符後の瞑想時間が20分余分に使えた。
瞑想は、昨日の続きで4番チャクラに意識を集中して、むず痒い箇所が遠くに見つかって、ずっとソレを集中して逸らさないでいた。

長めに練習できたからなのか、むず痒い感じは、今迄の経験の中で言うとどんな言葉に似てるか?を考える事が出来た。

まだ大雑把にしか、表現できないんだが、「懐かしい」と「微笑ましい」と「ソレを知ってる」ってのが近いな。
嫌な感じではなくて、せつない!って時にも似てるな。言葉だと青春とか地平線とかを人前では照れるけど、「本当は、それって素敵だよな!」って感じる気持ちに似てるな。

昨日より少しだけ、進める事が出来た。瞑想を終える時は頭頂開調息で、頭の中の思考をいったん排出する。
そうやって気持ちを切り替えたり、新しい考える為の隙間を作っておく。隙間は大切。余白とか、遊びとか、余裕は大切。

ギチギチに詰まってると、本当に大切なのは考えも見えて来ないし、入って来ない。