ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

トリ<元種

朝、風呂入ってマスターヨーガの呼吸法②⑦を廻す。
通勤電車の中で内丹法②→目の前に座ってる人をトンレンしながら退陰符で下げてみる練習→続きの③〜⑦→退陰符→瞑想する。
目の前の人が、眉間にしわ寄せて目を閉じてたから、久しぶりにトンレンしてみた。カバンの上に置かれた両手の指先がピクピク動いてる。氣の循環が始まると、こーゆー反応になる人は多い。
数分後には眉間のしわがとれてきて、普通の感じになってきた。
週も半ば過ぎて来ると、朝の車内の人達はグッタリしてる方が多い。いろいろ頑張ってるんだろうなぁ。と思う。


レーズン酵母の発酵が落ち着いてきたので、レーズンごと漉して煮沸した瓶に入れ替えた。よし!次は元種作りだ!このままノリでやっとくか!

強力粉にレーズン酵母液を混ぜたものを常温で発酵させる。その後、粉と水を追加して捏ねて更に発酵させる工程を数回行うのだ。

f:id:yuugataJoxaren:20150326220559j:plain
↑混ぜた直後はこんな感じ。トリさんよりちょっと大きいくらいの生地になった。
この後、自然にだらーんと広がってくるんだけど、倍に膨らむまで常温で保存する。
酵母液が、生地の中で発酵しながらガスを出す。その泡で膨らんでくる。
気温が低いとゆっくり発酵するし、夏場は速く膨らむ。こーゆーの面白い。
温度と酵母と自分の距離が縮まるとゆーか、一緒に遊んでる感じで面白い。

元種作りには全粒粉の強力粉を使いたかったが、仕事帰りに買いに行ったら売り切れてなかったので、家にあった春よ恋ブレンドを使った。全粒粉で元種を作ると発酵力が好いんだけどな。

明日の朝、いー感じに膨らんでたら冷蔵庫に入れて仕事から帰ったら二回目の粉と水を投入する。膨らんでいなければ常温で保存して、帰宅後に作業する。

ドライイーストで作れば数時間でパンが焼けて食べれるし、お店で買えばその場でも食べれるけど、自分で酵母作りからやってみるのは愉しい。
各工程を自分で知るのは面白いし、時々、ハッとさせられる素敵な教えが隠れてるのだ。
深い!深いな〜‼︎と思いながら過ごす。

こーゆーのが好きな自分で良かったー!って思いながら暮らす。