ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

褒めて眠れ

神保町で開催する東京氣塾に行ってきた。向かう電車の中で内丹法②〜⑦→退陰符を2セット練習する。

今日の氣塾も、皆さんの前で話す時間をいただきました。参加下さった皆さん、ありがとうございました!

その後、初参加の方に基本となる呼吸法の仕方を説明して、一緒に練習する。
初参加者のうち、2名は自分の友人だったので、腕の気脈の詰まりを取る下ごしらえをさせてもらった。ビバである。
氣の束ねたものを、右手の平から左手の平までビバるのだ。

今まで、何人かにビバらせてもらってるけれど、自分はそれを行ってる間とゆーのは、集中してるので時間があっとゆーまに過ぎる。1度も休憩をせずにずっと会場で何かしらをしたり話したりしていたので、常連さんとのトンレンも少しだけで終了した。

呼吸法の説明を何度も聞いて、自分で呼吸法を出来る様になるまでは、ある程度の時間が必要になる。
でも、気脈の詰まりはとってあるので、今までよりは氣の循環と取り込める量が増えてるのだから、今日の朝までの自分とは違う。

今まで抑えてた気持ちや、我慢してた事も、素直に向き合って、じゃあ、どうやったら良い方向にすすめるのかなぁ?と考えて行動出来る分の気力は上がったのだ。

いっぺんにガラッと変えるのではなくて、ひとつずつコツコツ取り組めるだけの分は気力が作れるのだ。

今日、この場所まで、勇気を出してこれたとゆーことは、これから自分を自分で変えていきたい!ってゆーいっぽを踏み出せた事になる。
それが出来た自身を、今晩はどうか褒めてゆっくり退陰符と頭頂開調息をしてから眠りについて下さい。

初めて氣塾に行った夜に、自分はそうやって眠りについた。