ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

胸焼けではない

朝、風呂入ってマスターヨーガの呼吸法②④⑦を廻す。
通勤電車の中で内丹法②③④⑤⑥⑦→退陰符→瞑想する。

呼吸法をして自分だけで氣の循環を作った時の氣の体感よりも、誰かに自分の氣を送って、それが返ってきて右手から体内に入る時の方が、熱くなる。何でかなぁ。
最初から熱いんじゃなくて、誰かを通ってきたのが熱いってのは、何でかなぁ。

そういえばこの数日、4番チャクラに集中すると、熱いんだよな。
瞑想してる時とか、最初はポカ〜ってあったかいんだけど、だんだん熱くなる。

度数の高いお酒を飲んでるときみたいになるから、胸焼けか⁈と思ったけど、やっぱり違うんだよな。

丹田の位置にあるメインの気脈も、ぐーるぐる力強く動くし、波長を軽くしようと意識を変えても重たい感じがする。
何でかなぁ。

氣の粘度が上がってきてるから、とどまる時間も延びて分かり易くなってるのかなぁ。だから熱さと力強さと重さの体感も増してるのかなぁ。

何で?って事ばっかり増えるなぁ。
答えが分かるまで、もっと観察していかないとな。
氣の体感っていうのは面白いけど、思い込みやこじつけではなく、理由があって、そうなってる。ってゆー答えを見いだすのが大切だよな。


☆東京氣塾3月15日(日)神保町で開催☆

★大阪氣塾3月29日(日)神戸市にて開催★

↓詳しくは氣塾サイトでご覧下さい