ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

部の始まり

去年の2月の個人セッションの見学に行った時に、リラクソンさんから「皆んなで練習会やりませんか?」と話が出てから1年経つ。

以前から忠臣さん達とも、氣塾以外でもトンレンの練習がしたいよね。と話していたんだけど、形にはなっていなかった。
一緒にお逢いした時に「自分は今こんな感じで練習してます!」とカフェや飲み屋なんかで地味に2人でトンレンしていたのだ。

東京氣塾で、ペアトンレンをしたり、氣の体感から分かる事の意味だとかを皆んなで話し合えるのは月に1度だけだった。

「もっと精度をあげたいなぁー。」と思っても1人で自主練するしかなかった。

だから練習会やりませんか?と声が上がって2人から3人になった時はとても嬉しかった。
手探りな感じのまま、忙しい中何度も話し合って、小さな部屋を借りて、何人か他にも声をかけて6人で練習をする事になった。

当日、自分は少し遅れてしまったんだけど、会場のドアの前に「トンレン部」と書いてあったのが嬉しかった。ドアを開けたら、皆さんが談笑なさって待ってて下さった。
椅子に座って「で、なにしますか?」と質問したら一斉に「トンレン‼︎」と応える。

あの時の皆さんのワクワク感と、さあ!やりましょう!って場の氣は今も憶えてる。自分にとって、あの時の氣は大切な宝物なのだ。

トンレン部の運営を行って下さるリラクソンさんと忠臣さんと、参加申し込みして練習を一緒にして下さる皆さん。
いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。