ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

混ぜる瞑想

朝、風呂入ってマスターヨーガの呼吸法②⑦を廻す。
通勤電車の中で内丹法②〜⑦→退陰符→瞑想する。最近の瞑想は「仕切りを外して混ぜる」事をしてる。

例えば、にんげんって発音した時に、思考するのは「人間」って事だよな。
頭の中で、体格やら性別とか色々が浮かんでる。

人間ってのはどんなか?は、自分が産まれてから今迄の経験で得た「にんげん」って発音してる場面だったり、文字で読んだものひとつずつを面として集めて、その中心に浮かび上がるものだ。
それが「人間」って言葉になる。自分の場合は、そうして言葉になってるし、頭の中でイメージも出来る。

例えば自分と他人ってのは、思考の中では分かれた別々のものと考える。経験で得たものを集めて自分、他人って言葉にしてきたし、頭の中ではイメージもすぐ出来る。

この別々のものを分ける仕切りを外すのだ。言葉、思考で分けてるものを混ぜる瞑想。

はい、そこ!今日の記事も意味が分からないと思いますが、ついてきて下さーい!我慢してくださーい‼︎頑張って下さーい‼︎

トンレンをする時、互いの氣の受け渡しをするから、自分の中に相手の情報があるし、相手には自分の情報がある。
この状態とゆーのは、自分と相手とがひとつの身体に、同時に存在するから仕切りが薄まってる状態だ。でも、仕切りはまだある。だからもっと長めにトンレンして練習したいんだよなぁ。

薄力粉、ベーキングパウダー、岩塩のドライ組を振るって混ぜておく。
オリーブ油、豆乳、レモン汁、バニラエキストラクトのウェット組を混ぜて乳化しておく。

ドライとウェットを混ぜてケーキの生地を作る。

混ぜる瞑想の工程としては↑と同じ。全く同じ。ケーキ生地が仕切りを外した状態ってこと。
固形と液体が混ざって、どちらもあるし、どちらでもない状態ってこと。

コレを理屈ではなくて、体感で理解できると面白くてスカッとする。
瞑想はそれを体験できる。体験したものと理屈とが完全に合致する時、最高な気分だ。

瞑想しなくても、日常的にそーゆーの本当は皆んな分かってるよ。

左手の人差し指。コレは人差し指だよな。
指には爪も生えてる。爪と同時に指も分かってるよな。
指が5本で手のひらも合わさると、手だと分かってる。全体を分かってるのに、同時に部分も分かってるよな。この感覚だよ。

この感覚は、当たり前すぎて普段は意識しない。微細だから。
微細なものには、同等になればいい。自分の氣も微細になれば気付くし、分かるようになってくる。

自分のやってる混ぜる瞑想は、コレの延長線上にある。どんどん試してくよ!


★大阪氣塾1月25日(日)神戸市にて開催★

↓詳しくは氣塾サイトでご覧下さい