ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

座学

さっきまで遠隔レッスンを受けていた。
今回は座学で、いろんなことを質問して教えていただいた。

他の生徒さんがどの様な質疑応答をなされてるのか分からないんだけど、自分の場合は何でも聞いてしまう。
先に自分で考えておいて、それでも分からない事や、ある程度確信が有るんだけど、上手い言葉であらわせずにいる事を教えて貰ってる。

今日は、例えば「チャクラにフタが付いてるのはどうしてか?」とか「原始時代の人間、時代を経た人間、動植物でチャクラの構造がどう異なるか?」とか「ウパニシャッド哲学の本を読むなら現代語訳か意訳か?」とか「発勁の動作及びその箇所について」とか。

そこから始まった話が、西洋哲学における二律背反とか量子力学の世界だとかに繋がったりする。だからいつもレッスンの時間が足り無い!
あっとゆー間に終わってしまうのだ。

こーゆー話は自分の職場や身近な人達とは出来ないので、とてつもなく面白い。
呼吸の仕方で氣の発電や循環を覚えて、体感があるお陰で日々の生活の中でも、世の中の学問でも、同じ様に「ああ、そうか成る程ね。」と気づいたり分かったりする。

自分にとっては、体術も座学もどちらも超面白いんだよな!


☆東京氣塾1月18日(日)神保町で開催☆

★大阪氣塾1月25日(日)神戸市にて開催★

↓詳しくは氣塾サイトでご覧下さい