ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

隙間は大切

朝、風呂入ってマスターヨーガの呼吸法②④⑦を廻す。
通勤電車の中で内丹法で氣を起こしてからチャンダリーの練習をした。
内丹法を練習するようになってからは、チャンダリー仕様で氣を起こす際、持ち上げづらいけど、その持ち上げづらさが分かるとゆー事は、粘度が増してきてるとゆー事にもなる。自前で難易度上げてる感があるのが面白い。

去年の今頃は、チャンダリーを練習すると、爽やかにボーっとする感覚があるだけだった。まさに「爽」とゆー文字の状態である。自分とゆー大の周辺に氣のメが沢山集まってる感じ。

足の裏と両手のひらと1番と7番チャクラがギョ〜‼︎って活発に反応してるのに気持ちはしみじみほのぼのする。ベランダで天気の良い日にチャンダるととても贅沢な時間を過ごしてるように感じた。

この文章の様に、自分は物事を感覚で捉える癖がある。コレは6番的思考だから、単なる感想でしかない。一時的な感想なんだよな。個人の。
それは、無いよりはあった方が便利な感覚なんだけど、一時的に自分の中で「分かった!」となっても、時間を経てから自分や人に当てはめたり、説明する場合に「あれ?違うなぁ。」となるようではまだダメだ。足りない。7番的思考に達してないからまだ足りない。

アレ?違うなぁ。を見て見ぬ振りしたまま分かったつもりでいるのはもっとダメだ。どーせ行き詰まって先には進めないから。進めなくて困るのは自分だ。

7番的思考及び思考循環の難しさを毎日感じてる。ナナバン、ナナバーン‼︎って意識している。
今日もギューギューに考え続けてたけど、「あ、隙間を作らないと!」と気づいた。ちょっとでいいから隙間が無いと思考の出入りも鈍くなる。

鈍い動きは停滞に繋がりやすい。停滞から抜け出るには氣も時間も消費するから疲れちゃう。疲れちゃうのが嫌だから停滞から抜け出る気にもならなくなる。うぉー、危なかった。気づいてよかったー。


☆東京氣塾1月18日(日)神保町で開催☆

★大阪氣塾1月25日(日)神戸市にて開催★

↓詳しくは氣塾サイトでご覧下さい