ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

場の栄養

昨日は神保町で開催した東京氣塾に行った。参加して下さった皆様ありがとうございました!
久しぶりにお逢いするかたもいれば、初めてお会いするかたもいて、お話を伺ってるとナルホドねー!とかへえー!と参考になるお話ばかりだった。

それぞれ異なる職業や日常を送ってる皆さんと本質的なモノの見方で話をしたり、呼吸法の実践や練習の話が出来るのはありがたい。
何より全員の表情が活きて豊かなのが素晴らしい。そーゆー場に自分が居て場の気配を味わうのが最も栄養になってる。

とゆーのを考えながらおやつのブラウニーを食べる。
f:id:yuugataJoxaren:20141215141216j:plain

蜜柑があったのでブレンダーで汁にしたものを混ぜた。
昨日の氣塾で忠臣さんから立派な蜜柑をいただいたんだけど、他にも家に今、蜜柑が沢山あるのだ。蜜柑まつり開催中である。まつりだから、食べ方も色々替えて愉しむ。

マスターヨーガと武当派太極内丹法を学んでから今回で2年経つ。あっとゆー間の2年だ。学びの濃度が濃い日々だった。

2年間で気力が上がり、気持ちが安定し、コレは何ぞ?とゆー疑問が幾つも分かるようになった。
氣は人の感情にも、物にも、場にも、これから先に起こりうる気配や、過去の想い出の中にも何処にでもある。

大きなものは、小さな部分に分割出来るし、小さなものは大きな集まりにまとめる事も出来る。

物事に取り組むには段階や手順があって、ひとつずつの工程を丁寧に学んで身に付けて行くことで、次の工程の下支えや自信、原動力になる。

サイズや段階や自他が総て関連しあってて、繋がり影響を受け与えてる。

そーゆー事を知らなかったから、今迄の自分は怒ったり不安になったり泣いたりしていた。無知だった。自分勝手に作り出した悩みは自分自身で無くすことができる。

やってた事は、息吸って吐いてを毎日続けただけだし、キーワードの用語を頭の片隅に転がして置いて、時々他から拾ったモノとくっ付けてみたりしただけだ。

大問題にドカーン‼︎とぶつかっていくとゆーより、身近な、本当に他人から見てくだらない程の遊びの様な行動に氣を介在して行っただけだ。

この世はぁ、と大げさに話せるような事など何も無いんだけど、自分の中と、自分の外側、声が届く範囲程度の物事は分かるようになって来た。

2年間の感想をざっくり言えば氣は面白い!ってこと。うーむ、またフワッとした記事になってしまった。来年の今頃は、もっとロジカルに書けるようになっていたいものですな!


☆東京氣塾1月18日(日)神保町で開催☆

★大阪氣塾1月25日(日)神戸市にて開催★

↓詳しくは氣塾サイトでご覧下さい