ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

客観視する

物体または生き物としての自分と、本心である想いの自分とを交互に感じる様になってる。

ゆうがたヨクサルの身体を借りて、食べ物を食べて、どこかに出掛けたり、話したり聴いたり、笑ったり泣いたり五感を使って日常を暮らしてる。

瞑想状態で得る感覚や、4番チャクラでの反応である「想いの本体」つまり魂としての自分も、最近は気付ける様になってきた。

前者は身体を借りて生活してるなぁー。と自覚して自分と身体とを二重に同時に感じてる状態。

後者は自分が考えてる事が、魂と違ってたり、同じだったり、分からなかったことが理解出来たりする時、二重に感じる状態。

不思議な事に、ゆうがたヨクサルでもなく、魂でもない、どっち付かずの「自分」を現在感じてる。

例えば「自分はお腹が空いてて悲しい」と考えたときに、お腹が空いてるゆうがたヨクサルと、悲しんでる想いの2つを客観的な自分が感じてるのだ。

じゃあ、客観的に今それを捉えてる自分とは何ぞ?ってえ考えると難しいー!

もうちょっと丁寧に考えていかないと答えが見えて来ないから、7番フル稼働して考察していかないとな。難しいけど面白い。


☆12月14日(日)神保町で開催☆

★大阪氣塾11月30日(日)神戸市にて開催★

↓詳しくは氣塾サイトでご覧下さい