ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

自分ものさし

朝、風呂入ってマスターヨーガの呼吸法②④を廻す。
通勤電車の中で内丹法②〜⑦→退陰符→瞑想→②で意識をあげる練習する。

マスターヨーガや内丹法で、人の氣を体感して情報を読み取ることが出来る様になってくる過程で難しいー!とよく話題に上がることがある。

自分の感情なのか、相手の感情が入ってきてそう感じてるのか?どっちなのか判らない。って事。

コレは何度も練習する事で、判ってくるとは思うんだけど、トンレンの練習する時と同様で、先ずは自分がどの様な状態に位置してるのか?を認識するのがいい。
そして、出来れば常に自分がフラットな状態にいればもっといい。

自分の状態がハイテンションだとして、その状態で相手が普通のテンションだとした場合、自分から見たら相手はテンション低いと感じる。
テンションが高いとゆーのは、氣の波もザバザバ波立ってる状態だから、その様な所に他の人の氣の波が入ってきても判りにくいとゆーのはそら判らんよな、って事になる。

自分が大声でわっしょいわっしょい叫んでいたら、相手が何を言ってるのか判らない。だから静かにして、相手が安心して情報を現して貰える様に振る舞えばいい。

日常で意図的にフラットな状態を心掛けたり、こーゆー時は何番チャクラがまわりやすいなー。とか意識してみたりを練習すると、自分ものさしが出来てくる。

ものさしの精度は少しずつ上げていけばいいから、先ずは自分の状態はどんなかなー?フラットになってる時ってどーゆー時かなぁ?と知ってく事が、相手の情報なのか、自分の状態なのか?をわかってくきっかけになる。

自分の場合は、フラットにしている事で、「言ってる事と氣で発してる情報が違うじゃん?」とゆー、周りの人の本音が判って楽になる事が増えた。

「この人の為にと思って、言ってやってるんだからね。好きでやってるんじゃないよ。」とゆー人のチャクラは3番がグルグル回ってて、氣の波もザバザバで、人のせいにして怒ってるだけだったり、

「大丈夫。何とも思ってないから平気だよ。」と笑って答える人のチャクラは4番がぎゅーっと小さくなって、ドキドキして焦ってるとか、

それを知る事で、より深く相手のことが判るのはいい。
知らなきゃ良かったとゆー気持ちよりも、知ってくことで、さあ、どうしていこうか?とゆー気持ちに向き合ってる方が、今の自分にはいいようだ。


☆東京氣塾11月16日(日)12月14日(日)いずれも神保町で開催☆

★大阪氣塾11月30日(日)神戸市にて開催★

↓詳しくは氣塾サイトでご覧下さい