ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

位置を知る

朝、風呂入ってマスターヨーガの呼吸法②④を廻す。
通勤電車の中で内丹法②〜⑦→退陰符→瞑想する。

トンレンの練習をしたくても、1人では出来ないよなー。と初めの頃は思ってたんだけど、3ヶ月程経ってから何となく「自分自身にトンレンすればいいじゃん。」と考えるようになった。

「氣の循環を作る」とゆー意味で言えば、呼吸法の練習をするのと行為は同じだが、4番チャクラの奥にある魂の座と呼ばれる場所を「ひとつの対象者と思ってトンレンする」と、どんな感じかなぁ?と考えたのだ。

柿やリンゴの氣を右手センサーで感じてる時の様に、手紙やノートの文字にトンレンする時の様に、ターコイズタイガーアイの石の氣を右手センサーで感じてみる様にやってみた。
静かに集中して、その場所を探る。
物理的には触れないその場所が、何となくむずむずしてくる。

毎日、少しずつ試してたんだけど、反応が今ひとつ素っ気ないので、ある日思い切ってその場所に両手をズブズブ浸す様なイメージをしてみた。

「ちょ、ちょっと⁈何すんのー⁈」と抵抗する様に暴れるのを感じる。風呂場の湯船に腕を突っ込んでバシャバシャ波立ってる様な状態。
腕を突っ込んだまま、じっとしてたら、波が鎮まってきた。

次の時には、波紋を立たせないように両手を当ててみた。今度は拒否られなかった。何度も繰り返し試すうちに、この位置が魂の座かぁ。と判る様になった。

瞑想する時に、この位置から反応が返ってくる事がある。マスターヨーガの4番以降からは、反応の頻度も高くなり、6、7番チャクラを使う様になってくると、この意味が少しずつ分かってきた。

精度を上げて正しく理解できないと、単なる面白体験で終わってしまうし、自分の都合のいい様に解釈やイメージを膨らましてしまう事にもなる。

現時点では、確信と、そうでないものとの違いは、その後の現象の現れ方で判断している。この位置からの反応が頻繁にある時はもうすぐ!っていうサインなんだよな。


★大阪氣塾10月26日(日)神戸市にて開催★

↓詳しくは氣塾サイトでご覧下さい