ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

赤く青く甘くやさしく

朝起きて、おやつ用にマフィンを作った。午後過ぎまでやる事が沢山あるから手早く出来るおやつにした。

f:id:yuugataJoxaren:20141011205419j:plain
ココアマーブルマフィンとクランベリー&胡桃の酒粕マフィンの2種類。
ラム酒とココアの生地とココナッツの生地とをマーブルにしたやつ。
ココナッツ生地に酒粕を少しだけ足してるクランベリー&胡桃。
いつも食べるおやつの中では甘めで、後味に岩塩の塩気を出してる。

焼きあがるまでの15分間に内丹法②→退陰符の練習をした。

夕方まで集中して用事を済ませてから、明日の東京氣塾の打ち合わせを兼ねた晩飯を食べに上野に向かう。

電車の中で内丹法②③④⑤⑥⑦→退陰符→②④⑦→退陰符を練習する。
お腹すいたなぁ。

最近まとめた考え事を紙に書いて簡単な言葉に置き換えたものを眺めると、今迄の2年近くかかって分かってきた事が、軽いものに見えてくる。

頭の中でだとか、会話でだとかならば、深みのある面白い内容なのに、自分にとってはさんざん考えて浮き上がって見えてきた物事なのに、こうして紙にまとめると「なーんだ、そんな事。」と軽く流してしまいそうになる。

人の書いた本や情報がどれほど考察を重ねて著された内容だとしても、チラッと1度読んだらその後忘れてしまうことが今迄沢山あったなぁ。と思った。

そーゆー文字の詰まった情報の中で、何処か心に引っかかる言葉なり、心に感じた想いだとかが、別の時や場所でフッと思い出して別の情報の足がかりになったりもする。
バラは赤くスミレは青い。砂糖は甘くあなたはやさしい。
大草原の小さな家の本で、ローラの姉のメアリーが町の店で貰ったキャンデーに書いてあった詩が上の言葉。コレがキーワードになって話が進むわけでもない文章の一部分なんだけど何故だか覚えてる。

あるがまま受けとる。とゆー事を考えていた時に何故だか思い出した。


☆東京氣塾の生徒さんが集まってトンレンの練習会をしてます。
「トンレン部」です。
次回のトンレン部は

日にち:10月25日(土)
時間:13時〜17時
場所:渋谷区の幡ヶ谷駅周辺の一室をお借りして行います

参加料:¥2000
参加条件:氣塾または個人レッスン
または遠隔レッスンで施術を済まされてる方のみ。
問い合せ、参加申し込みは下記アドレスにご連絡下さい。

vegeviva☆(☆→@icloud.com)

どうぞよろしくお願いします。