ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

包子とキャップ

予定していたインドフェスに行くのはやめたので、家で読書することにした。
うーん、眠い。
外の天気も雨が降ったり止んだりしてる。自分も読書したり、一瞬寝ては起きたりする。

夕方に、薄ら寒くなってきたので包子を作った。

f:id:yuugataJoxaren:20140920175823j:plain
手前は小松菜と生姜を、味醂と醤油で炒めたやつ。綴じがあまくて開いちゃったけど、コレはコレで旨そうだ。
黒ゴマがついてるのはクーベルチュールチョコレートが余っていたので詰めてみた。本当は餡子があればよかったんだけどね。

皮は薄力粉、ベーキングパウダー、甜菜糖、岩塩、豆乳、オリーブオイル(ごま油が無いから)を混ぜて10分くらい放置。
8分割にして具を包んで強火で20分蒸した。

イーストが無いのでベーキングパウダーで膨らました。BPだけだと冷めてから少し堅くなってしまうけど、出来たてはフワフワしてる。中身を変えてまた作ろうかな。
f:id:yuugataJoxaren:20140920180244j:plain

小麦粉は薄力と強力と全粒粉と他にも何種類かの粉物が常にストックされてるんだけど、計量のやり易さとか、残量の確認しやすさだとかで、現在は袋にキャップを取付けてる。

f:id:yuugataJoxaren:20140920180729j:plain
百円ショップで売ってたキャップでサイズは2種類あった。
フタを含めて三つのパーツに分かれてる。袋の角をハサミでカットして、下パーツと袋の切り口を密着させてから、固定パーツを取付ける。粉の注ぎ口がしっかりするのと、フタの開け閉めが楽なので、計量が手早く済む。

キャップの部分だけで持ってしまうと、中身の重みで固定パーツから袋が外れてしまう可能性があるので、それだけは注意してる。

棒で挟むタイプとか、ピンチタイプとか、色々あるけど現時点ではコレが最も使いやすくて、見た目が嫌じゃなくて、スペース取らないから気に入ってる。